さんじょーのブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじょーのブログ

ノマドワーカーの雑多なブログです。

スポンサードリンク

大人になってからのアトピー発症の原因

美容、ダイエット アトピー克服体験記

前回に引き続きアトピーについて振り返ります。

 

そもそもそも私は子供時代アレルギー性の皮膚炎も食物アレルギーの症状も出てなかったし、去年まではお肌もツルツルでアレルギー体質だってことすら気づいてなかったんですよね。

大人のアトピー

 

大人になってから何故アトピーを発症したのか?

この原因を探ることはアトピーの治療以上に大切なことですよね。まず思い当たるのは。。

 

  • 疲労とストレスがたまっていたのに関わらず、睡眠時間も不足し、お肌の回復機能や免疫機能が落ち、バリア機能が破壊された→アトピー性皮膚炎に。
  • さらに甘いお菓子やスナック菓子などバクバク食べていたなど食生活が悪かった。
  • 汗で蒸れて、汚い手で顔を掻いてしまった。

 

などがあげられると思います。最初のふたつはいわずもがな、だけど最後の無意識やクセで顔や体を掻いてしまうっていうのは見逃せない原因。

 無意識に身体を掻いてしまう癖の原因はストレス

この間テレビでもやっていたけど、ストレスがたまったりすると日常的なクセとして顔や体を掻いてしまう人が案外多いんだそう。

 

それで知らず知らずのうちに肌を傷つけて、バリア機能が破られ肌の内側から炎症物質が放出されてしまうらしい。

起きてる間だけじゃなく、寝ている間もかきむしることがクセになってる人も結構多い。

 

寝てる間は無意識なのでどうしようもないですよね。でも、そういうことも原因ならなんとしても防ぎたいところです。私は寝ている間意地でも掻かないための秘策を編み出しました。とはいってもほとんどタダで簡単にできることです(笑)

 

詳しくは→アトピー。寝ている間に掻くことを防止するヒモ

↑この記事は現在準備中です。近いうちにUPさせて頂きます。

食生活の乱れもアレルギーの引き金になりうる

あと、食生活もやっぱり大事。特にアトピーなどアレルギーを引き起こしやすいものや砂糖や酸化した油、動物性の脂、リノール酸の過剰摂取などがあるらしい。

 

サラダには必ずフラックスオイルをかけるようにしてるし、炎症がひどかった時は動物性脂肪もなるべく控えてました。今は治ったので多少は食べてもどうってことないけど、やっぱり食べ過ぎると怖いなって思います。

 

甘いものがすきな人はなるべく酸化してない、手作りのお菓子を自分で作るか購入したほうがよいです。

安いお菓子にはショートニングが含まれているので。ショートニングはアレルギーにも美容にも大敵です。老けたくないならショートニングは絶対排除したい。

アレルギー発症前は食生活も乱れまくりでしたから。

 

2011年12月10日の記事です。

現在は以前程食生活には気を使ってませんが、アレルギー症状は出ていません。やはりいったん発症すると、アレルギーがでやすい状態が続くのでしょうね。もうここ2年位は、薬いらずです。

 

www.nomado67.com

 

 

www.nomado67.com