さんじょーのブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじょーのブログ

ノマドワーカーの雑多なブログです。

スポンサードリンク

お金がかからない!超簡単!太らない体質の作り方【ダイエットに努力は不要】

美容、ダイエット

私は昔から大食いです。

↑最近1日2食生活してます(;´∀`)

いつもご飯は沢山バクバク食べるし、家に帰ってからはスイーツ、お菓子・・とばくばく食べる生活を高校生の頃から続けています。

しかし、いつも人に、細いね~とか、スリムだね、と言われます。

 

一日一袋ポテチを食す(アホ)というヘビーなポテチ中毒患者だった高校時代、私の体重は40キロしかありませんでした。(ちなみに身長は163cmです)そして体脂肪は14パーセントでした。

この頃はガリガリではありませんでしたが、貧相に見えることが嫌で、たまに腹筋や腕を鍛えたり、とごくごくゆる~い運動をしていました。

好きなだけ食べても太らない人は本当にいます

沢山食べたからといって太るわけでもないので、友達が必死にダイエットダイエット・・と目の前のスイーツを食べるのを我慢しているのを横目に見ながらラッキー♪友達が食べないから2個食べらる♪と躊躇なく美味しいものを味わいます。

 

ずっと自分は太りにくい体質なんだ、と漠然と思っていましたが、それは一体なんでなんだろう??とある頃考え、

 

太りにくい体質ってこういう条件があるんだなぁ、ということを発見しました。

(ちなみに最近は昔よりも太りやすくなりましたが、163cm42キロウエスト58cmはキープできています) 

ダイエットは頑張るものではない

 痩せている人は何か特別な努力をしているんだ・・とか自己管理の徹底できる人なんだ・・とか変に神格化しないほうがいいです。

 

 以下の条件を満たしていれば、誰でも太りにくい体質になれます。

 

太りにくい体質の条件 

  • 基礎代謝量が多い
  • 体脂肪率が低い
  • 筋肉量が多い

 

このデータを調べるにはタニタの体重計など、データを複数すれる高性能体重計が必要です。体内年齢と水分量まで出るので、とても重宝しています。

 

太らない体質を作る

 

こういう体重計のデータはアテにならない、と言う人がいますが、生活習慣の変化によって全体の基礎代謝や体脂肪などが変わると全体のデータも繊細に変わりますので目安としては十分参考になると思います。

 

私の場合歩いた日とあまり歩かなかった日では体脂肪率のデータがかなり違います。

体重の増減は気にしなくていい

 多くの方が、ダイエット=目標体重○○キロ!

 みたいに考えますが、体重なんて特に気にしなくていいのです。

 

 体重はその人の骨格や筋肉量、身長で適性バランスが異なりますし。(ウエストも細けりゃいいってもんじゃないと思います。鶏がらのような身体でウエスト細くてもスタイルがいいとは一ミリも思えません)

 

それよりも、いかにカロリーを消費し、脂肪を燃やしやすい体質になっているか!

重要なんです。

 

太らない体質の鍵1 基礎代謝量 

 その目安として一番重要なのが、基礎代謝量です。基礎代謝量が多ければ、同じ量を食べてもどんどん燃焼し、脂肪として蓄積されません。

 

逆に基礎代謝量が少なければどんなに食事制限をしても、脂肪として蓄積されやすくなります。

 

私は何故あれ程食べているのに太らないのか?と考えた時、基礎代謝量が異様に多い、ということが顕著な理由だと感じます。

 

ウオーキングした日は、非常に多い(タニタの体重計の表示で)レベルになるのは当たり前ですが、一日家にいてほとんど動いていない日でも、非常に多いレベルの基礎代謝量なのです。なので燃費がすごいので、沢山食べても太らないのですよね。

 

太らない体質の鍵2 体脂肪率のバランス

 さらに体脂肪率も重要で、体脂肪率は最高でも20%は超えないように気をつけています。

そこを超えると一気に体重の増え方が上がる、と感じたからです。さらに言うと、体内年齢もグッと上がります。

 

どうすれば基礎代謝量と体脂肪率を落とせるのか?

 答えはただ1つ。筋肉量を上げるそれだけです。

 

ウォーキングをしたり、ダンベルや腹筋など軽いウエイトトレーニングを行うのです。

 

トレーニングというと、辛い、大変・・というイメージが沸きますが、週2,3回20回腹筋、3分位ダンベルやればOKです。時間にして5分位。

 

ですので週15分位だけ、ウェイトトレーニングをやり、週3回位1時間位のウォーキングをします。ウォーキングといっても、競歩のように早歩きしたり、腕をブンブン振って歩く必要はありません。

 

音楽を聴きながら景色を楽しみながら、ゆる~くリフレッシュする気持ちで歩いています。それだけで基礎代謝量が大幅に上がるので、重要です。

 

太りやすい体質の人の特徴

  • 基礎代謝量が低く
  • 体脂肪が20%を常に超えており
  • 筋肉量が少ない

のではないでしょうか。

 

この3点を意識して改善するだけで驚く程太りにくい体質になるはずです。そうなれば、美味しいもの、食べたい時に気軽に食べて、人からスリムだと言われます。

 

ダイエットって頑張るもんじゃないんです。お金をかけるものでもないです。

 

ポイントさえ意識して太りにくい条件を自分に加えるだけであとは自動的に身体が修正してくれます。

 

私も一時期まわりに流されて、ダイエットをしたことがありますが、食事制限しなきゃ・・とおもえば思う程食べたくなり、それがまたストレスで、結局食べてしまう・・という悪循環しか生まれませんでした。

 

またカロリーカットのクッキーなど置き換えダイエットも完全にお金の無駄だったと思います。だって食べても、もともと太らない体質だったんですから。

 

ダイットに努力や我慢は必要ない!!

ただし、ストレス太りを防ぐために、ストレスがたまった時には絶対に食べ物に手を出さない!!これだけは厳しく自分に制限する必要があります。

 

それ以外は、うさんくさい食べ物や飲み物にお金と労力を捧げるのではなく、タニタの体重計だけ買って、太りにくい体質3指標を改善していくだけで十分効果的だと思います。

  • ウォーキング
  • 週2~3回のゆる~いウェイトトレーニング

 

それだけで十分だと思います。

食は人生の楽しみのひとつですから、太りにくい体質を維持し、美味しいものを食べられることに感謝しながらこれからも沢山頂きたいと思います☆

 

これは2014年6月9日 に書いた記事です。

 

ダイエツトのためにお金出すなんて無駄すぎます。痩せている人を神格化するのもアホらしいです。もっと楽にシンプルにスリムは維持できます。余計な苦労やお金をかけず、シンプルに痩せましょう☆

 

運動、食事、睡眠、代謝、適度な筋トレ!!

 

以上です!!(`・ω・´)余計な苦労しなくて大丈夫です☆

 

 

www.nomado67.com

www.nomado67.com

補足

体重が軽すぎて不健康なのではないか、という指摘もありますが、私は今までアトピー以外に病気をしたことがありませんし(入院経験もゼロ)、風邪もめったに引きません。体調は至って良好です。

健康診断でも看護師さんには、「あなたは細いけど、健康そうだから大丈夫ね!」と言われました。きっと骨格との関係もあるのだと思います。

私の場合、骨がもともと細いので(よく言えば華奢)逆に46キロ位になるとぶよぶよして「太ったね~」と言われてしまいます。

骨格がしっかりされている方は、もう少し体重多めを基準値にしたほうがいいかもしれません。重要なのは、体重ではなく、骨格とのバランスです(・ω・) 

筋トレについて超楽で効果を実感済みの方法をこちらでご紹介しています↓

www.nomado67.com