さんじょーのブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじょーのブログ

ノマドワーカーの雑多なブログです。

スポンサードリンク

フリーで成功したいなら、会社員の友人のアドバイスを聞いていけない

お仕事、経済的自立

フリー独立志向とサラリーマン志向は対局

 フリーや独立した働き方を志向すると価値観が会社員タイプの人と合わなくなります。

 

フリーランス

 

 フリーは安定していないし、はじめの数年はサラリーマンのお給料の半分も稼げない時期が続くことも多いですよね。

 

私は兄が大企業で働いているので、兄はお給料をしっかりもらって立派、

という風にいつも比べられていました。でも悔しいことに実際フリーになっても稼げない時期は言い返すこともできませんよね。

 

なので、今はまだ稼げないけれど軌道に乗せて、年収1000万円は軽く越えてやる!

今に見てろ!私は成功者になる人間だ!っていつも思ってました。

 

(ちなみにまだ1000万円も稼げていませんが、

一件あたりのお仕事の時給ベースは5000円を越えています。)

 

ですので、はじめのうち、軌道にのるまでは会社員のほうがよかったと思ったり、まわりからの偏見や侮辱に悔しい思いをすることも少なくないかもしれません。

 

 ただ、そういう悔しさを、見返してやる!という気持ちに変えて諦めずに食らいついていると、独立前では考えられなかったような高い報酬を頂けるスキル、人気がでてきます。

 

たった1年や2年続けて家にいながら、一日数時間で会社員並のお給料が毎月安定して入ってきたら世の中フリーの人で溢れかえります。

 

会社員の友人は先のことを心配してやめるよう勧めてくるかもしれません。

その声に耳を傾けるのは、最低でも半年は待ってみてからでも遅くはないでしょう。

 

私は周囲の人ほとんどから、無謀、やっていけるわけない、そんなに甘くない、ちゃんとした仕事したほうがいい(?)と言われました。

 

収入がほどんどない月などは焦りからそういった言葉がダイレクに胸に刺さります。

 

でも、フリーで働くこと、は私の人生を賭けて挑戦する最後の賭けだと思っていたので耳を貸しませんでした。

諦めても、続けても後悔するなら、私は死ぬまで諦めないほうを選んだほうがマシです。

 

勝間さんが本で書かれていたように、365日、毎日じゃんけん、じゃんけん、またじゃんけん、です。毎日しつこく何かを投げていれば、どこかで必ず当たるって信じています。

www.nomado67.com

 

 

フリーランス、独立後は4年間が勝負

 根気よく継続すること、お仕事内容にもよりますが、

 

4年を目処に今よりも(会社員時代よりも)時給ベースで3倍以上になっていれば、やっていける見込みが十分あると思います。

 

私は3年半前、フリーになりたての頃はバイトとかけもちしてましたので、

 

バイトの時給が880円、

フリーで始めたばかりのお仕事の時給は400円程でした。今は時給ベース5000円を越えています。5倍以上ですね。

スキルを習得する前に得られる報酬見込み額をリアルに想像する

エクセルや簿記の資格とったりしながら迷走していた時期もありまたが、エクセルをどんなに使いこなせても5倍にはならなかったでしょうね。

力の入れどころを間違えると、報われない努力ばかりになってしまいます。

 

仕事でより高い報酬を得るために何か学びたい、スキルを磨きたい、と思った時、

 あらかじめそのスキルが身に付いた時の状況をリアルに想像します。

 

そしてそのスキルが身に付いたことにより、どれだけ報酬が増えるのか、先回りして確認します。

 

そうすれば、どこに力を入れるべきかわかってくると思います。

 

不思議なことに、資格ととること、がんばること、上司や同僚に誉められること、まで想像して、一番の目的である報酬という結果まで考えがたどり着いていない人が多いようです。 

 

上司や誰かに褒められることで満足してはいけません。

 

資格やスキルは自分の武器として、ビジネスで活用し、収入につなげるためのものであるはずです。

 そうでなければ、趣味や学校の宿題と変わらないでしょう。