さんじょーのブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじょーのブログ

ノマドワーカーの雑多なブログです。

スポンサードリンク

人間関係、習慣の断捨離を上手に行う方法

ぼやき、どうでもいい話

年末に向けて習慣の仕分けをします!

もうすぐ12月。今年もあっという間に終わりですね。毎年年末になると大掃除、仕事納め・・と区切りの儀式を行いますよね。

来年の抱負を考える前に、今年の荷物を仕分けし、いらないものといるものを把握することは大切だと思っています。

f:id:nomado67:20151209133043j:plain

よくモノを捨てることで、心がスッキリ整理される、という方もいますが、私はモノよりも、自分の身の回りの習慣全般を見直します。

年末にやるべき仕分け対象項目

  1. 人間関係
  2. 仕事内容
  3. 生活習慣
  4. 出費


新しい年を迎える前に、余計なお荷物は減らしておかないと、新たなものは入ってきません。その中でも意外に重要なのが人間関係の仕分けです。

人間関係の整理が重要な理由

多くの人は人生の時間の大部分と神経を人間関係に注いでいます。彼氏、彼女、パートナー、親戚、飲み仲間、仕事の仲間、学生時代からの友人、趣味仲間、ご近所さん、ママ友・・色々な関係がありますね。

どんなに社交的な人でも、一定の期間に30人以上の人と密につきあうことは不可能でしょう。多くなりすぎればすぎる程、関係は浅いものとなり距離感は開きます。

 

この距離間が開いた関係、については仕分けもなにもありません。それほど密な関係でないため、自分の人生にたいして害にもならないでしょう。

注意すべきなのは、密な関係です。頻繁に会う、毎日会話する、しょっちゅう集まる、などという場合。つまり自分の生活習慣に自然と落とし込まれている関係です。

 

そのような相手こそ、本当に必要な関係なのか?一度見直してみることが大事です。例えば、

  • 愚痴ばかりで自分をののしるパートナーとの長期の恋愛関係
  • 悪口や足の引っ張り合いが横行する女子会、マウンティング大会
  • 噂話大好きなトラブルメーカーのご近所さんとの立ち話

などなど。自分にとって、この人との関係を来年も続けていくに値するものがあるのか?この人との関係は必要なのか?

 

年末は普段よりもシビアな判断を下せるチャンスです。

 人間関係で密につき合える人は一生の内でそれほど多くありません。

 

今密につきあっている人が、自分にとって本当に大切で、その人といると幸福感や充実感を感じられるのであれば続けていったほうがいいと思います。

でももし、惰性でダラダラつきあっているだけ、本当はお互い軽蔑しているのに表面だけ調子よく合わせてるだけ、のようなくだらない関係なら、来年の自分のお荷物になるだけです。荷物は多ければ多い程、新しいものを持てる余裕がなくなります。

 

つまり、マイナスしかない人間関係をダラダラ続けていると、来年来るかもしれない、素敵な人と密になれる可能性を狭めてしまう要因になります。

手放さなければ、新しいものは受け取れない

たら、れば、は過去に使用すると、単なる後ろ向きの嘆きになります。しかし未来に使用すると、希望になります。

この人と会う時間がなくなれば・・より素敵な人と会う時間ができるかも?

この会合に出なれば・・違う会合でより楽しい経験ができるかも・・?

 

どれも未知数ですが、古いものを手放せば確実に新しいものを受け取る余白は生まれます。

古い関係を継続していくことも大事でしょう。しかし、人間関係も自分で選択し仕分けしていかないと、いつの間にか大きなお荷物となり、自分の人生の多くを無為にしてしまいかねません。

人間関係の断捨離は非常に重要だと思います。 

人間関係の断捨離をする基準、目安

私の場合、目安としては、【一応】で続いている関係、習慣を見直すようにしています。

いちおう顔出しとく、いちおう会っておく、一応やっておく、といった一応、は能動的な意志ではなく、惰性や心の引っかかりがあります。

 

つまり心の中では、あんま乗り気しないなぁ~。でもいちおう・・( ̄д ̄)という状態です。

私は以前までは、社会人として~常識ある大人として~という大義名分で、いちおう、でつきあう関係が多々ありました。

 

しかし、この一応、で決断する惰性の行動が自分の人生をどんどんつまらなくする、ということに気づいてから、いちおう、が行動の前につくものをどんどん断捨離するようになりました。

 いちおうで参加していた飲み会には行かない。いちおうで話につき合っていた愚痴ばかりの友人とは話さない。いちおう、で関係を保とうとしていた親族とは縁を切る(会わない)などです。

もし、相手から無礼とか、常識がないとか言われても気にしません。自分の気持ちに正直に行動することが、人生を拡大させるコツだと理解していますので、いちおうの習慣はどんどん減らしていきます。

もし、今年あまり充実しておらず、やりたいこともほとんどできないとしたら、余計なもの、習慣、人間関係を持ちすぎていないか?をとことん検証し、年内に脳内仕分けしておくことをおすすめいたします。実行に移すのは来年でもいいのです。

f:id:nomado67:20160809012736p:plain

 とにかく意識すること、見直すことで、手放すべきものが明確になり、その結果来年、新しいものが入ってきやすい流れを作れると思います。

日常の習慣を徹底的に見直し、仕分けをする

今回は人間関係についてのみかきましたが、普段の習慣的な行動についても同様に、よくする行動、習慣が本当に必要なのか?を検討してみるのもオススメです。

 

スマホを寝る前にいじるのは無駄じゃないか?テレビを毎日見るのは無駄じゃないか?お菓子毎日無駄に食べ過ぎてないか?などなど。

 

ひとつ習慣をやめるだけで、新しい習慣が自然と入ってくると思います。人生は習慣の集大成ですので、習慣を仕分けすることは本当に重要だと感じます。

年末のこの時期はいい機会ですね。ブログの読者さんにこのブログを断捨離されてしまわないよう祈ります(;ω;) 

www.nomado67.com