さんじょーのブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじょーのブログ

ノマドワーカーの雑多なブログです。

スポンサードリンク

アンチ、クレーマーはとことん無視すべき理由

ぼやき、どうでもいい話

今モンスタークレーマーなど、ちょっとしたことで揚げ足をとり、企業にクレームをつけることを趣味、ストレス発散のはけ口にする人が増えているみたいですね。

 日本のおもてなし精神を逆手に取られ、本当にお客様は神様になってしまったようです。

f:id:nomado67:20151213202554j:plain

「お客様は神様です」へりくだる態度がクレーマーを増長させる

企業の他にも、有名人のちょっとした発言が大炎上になったり、一挙手一同叩かれている場合もありますよね。(有名になれば必ずアンチスレがたちますし)

私はこういったクレーマー、アンチはとことん無視すべきだと思っています。

 

企業も、いちいち相手にして話を聞いてあげる必要はないと思います。ただ、実際そんなことしたら、ネットで悪評まちきらかされたり、裁判沙汰(実際企業が勝つと思いますけど)になる可能性など、なかなかできない事情もあるでしょう。

海外では、クレーム以前に電話が繋がらないことも多いからね。すごい差です。

 

とにかくしょーもない理由でしつこくクレームつけてくる客はブラックリスト化して、電話を繋がない、という徹底した無視を組織的に行うことが必要だと思います。

 

他の企業も、クレーマーが顧客になられたら最終的に迷惑こうむるだけですよね。そこら辺は資金業並に連携とれないでしょうか。それは個人情報などの問題で無理でも、社内では連携はとれると思います。

クレーマーをなだめることが第一、の姿勢だといつまでもつけ込まれる

あと、個人に対するアンチも徹底した無視を決め込んだほうがいいと思います。批判コメがきたら即ブロック、エゴサーチは一切しない、その位徹底したほうがいいです。

 

常識的に考えて、他人に対していきなり悪口を浴びせたり、無礼な口調で話しかけくる人をマトモに相手にしないですよね。関わっちゃいけない人だ、と察知して足早にその場を去るはずです。アンチやネガコメも同じです。ヤバッと思ってとっととブロックしてしまうのが一番です。

AKB48時代、前田敦子のアンチファンへの対策

前田敦子ちゃんは、AKB48のセンター時代、とてつもない数のアンチがいましたが、あっちゃん自身はインターネット等の情報を一切見なかったそうです。

 

私はネットはブログのコメント位しか見ないから情報は入ってこない。だから平和なんだ。

と言っていました。

 

そう、とてつもない数のアンチがいくら悪口を書いても、実際のあっちゃんにはほとんど届いていなかった、ということですね。

 

実際は、握手会など、嫌でも届くことはあったみたいですが、ネットを見なかったというだけで99パーセントはブロックされていたと思います。

そう、あっちゃんは正しいのです。

アンチは無視、クレーマーは無視

見ザル、聞かざるを決め込むことが重要です。マトモに関係性を持とう、話を聞いてもらいたいと思う人なら、礼儀はわきまえているはずです。いきなりダメ出ししてきたり、暴言浴びせるなどという奇行はしないでしょう。

 

潔く無視する、声自体を届かないようにしてしまう、ということは重要な解決法だと思います。

もちろん、そういう声にも興味があるという人なら聞いてみるのもいいと思います。

でもクレーマー問題といい、やはり何でも平等に、聞きすぎる、ことが問題の根だと感じてしまいます。こういう態度では相手にされない、声が届かない、ということを提示しなければ、いつになっても親切心やサービス、匿名性に増長し、やりたい放題な神様が増えるだけです。

 

このブログも有り難いことにアクセスが少しづつ増えてきています。今までは温かいコメントをくださった方ばかりでしたが、絶対にその内ネガコメ増えてくると思います。

 

でもだからといって突っ込みどころのない内容にしよう・・と気を使ったりはしません。揚げ足とりたい人はどうぞご自由に(・´з`・)というスタンスで書いてます。即ブロックするだけですから。

クレーマー、アンチは徹底的に無視、ブラックリスト化がベストです。

 

お客様は神様です、というおバカな信条を撤廃し、お客様もワタクシ達もWinWinであるべきです、を信条に変えていきましょう。

 

クレーマーさえ相手にしなければ、マトモなお客さんだけがしっかりと残るはずです。