さんじょーのブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじょーのブログ

ノマドワーカーの雑多なブログです。

スポンサードリンク

物書きは「絶対に読者ウケを狙ってはいけない」理由

最近オピニオン系の記事も頻繁に書いています。オピニオン系の記事って伝え方が難しいなぁ、とつくづく感じます(´ω`)φ

自分の意見って、ただ素直に書いても、反対の意見を持つ人から見ると、「押しつけてる!」という印象を与えかねません。

f:id:nomado67:20151213235954j:plain

どんな人でも押し付けられたもの、には拒否反応を起こす

私は普段よく人に相談されることが多いのですが、「なんでみんなこんなに私に相談してくるんじゃ?(´・ω・)」と改めて分析してみると、私が押しつけがましくなかったから、というのがあると思うんです。

 

「○○で悩んでいて・・(._.)」と言われても、「そんなことで悩んでるの?アホらし~(・∀・)」とは絶対にいいませんし、「○○するべきだ、それは違う!」とか相手の価値観を否定するようなことも言いません。

ただ素直に聞いていると、この人は本当はこうしたいんだろうな、本当はこうしてほしいんだろうな、という核心のようなものが見えてくるからです。

 

【悩んでいて、アドバイスがほしい】という人でさえ、相手から一方的に真逆の価値観を押しつけられることは拒絶します。

誰だってその人の、正義や正しいと思うこと、があるから。

文章は書くのも読むのも一方的

ブログなどの文章は、自分の日記を公開している、という要素が強いため、自分の気持ちをストレート表現します。

「私は○○だと思う。」

ただストレートに書くだけで、反対の正解を持っている人からみると、「は?押しつけるな!決めつけるな!」って感じてくると思うんですよね。

 

かといって、自分のブログなのに、「○○という方も意見ももちろん一理ありますし、そう感じる気持ちももっともですが、私は~だと感じます。」とか回りくどい表現を使うのも、他者目線をバリバリ意識していて違和感があるし、主張したい意見も伝わらないと思うんですよね。


イケダハヤトさんが著書↓でこんなことを書かれていました。 

 

誰も傷つけない無味無臭のテキストは、誰の心にも刺さらないテキストです。

文章を書いて、何かしら人の心に届かせたいと願うのであれば、誰かの目を気にしていてはいけません。

一切誰も傷つけたくないと思うのならば、刺激的で面白く、価値のある文章を書くことは難しいでしょう。

 

確かにそうだな、と思います。

物書きは読者ウケを狙ってはいけない

会話では言葉の切りかえしがあるので、一方的な印象は与えないけれど、文章はどうしても一方的。(テレビなどもそう)

でもそれだけじゃなく、書く人、伝える人、は読者や世間ウケを狙うべきではないと思います。誰かに媚びて、捻じ曲げられた文章は、やっぱりどこかウソ臭いし、無個性で退屈な文章です。

 

自分の意見を書く限り、押しつけがましい印象をもたれるのは仕方ないと思います。

それを恐れるあまり、自分の主張したいことを書けない位なら、ブログなど自分を発信し、公開する、という行為自体しないほうがいいってことなんだと思います。

イラッとくるエントリーには、はじめからアクセスしない、スルーする

私も、たまに自分の考えとは真逆の意見を、かなりきっぱり言い切り、反対の意見を道断しているエントリーを読むとイラッとすることがあります。

 

自分とは意見が違うのに、一方的に押しつけてくる印象のある記事を見つけたら気になりますが、見ない、わざわざ開かない、ということが重要だと思います。

 

そういう記事はエントリーのタイトルでだいたいわかりますので、そのエントリーはスルーする。スルー力を持つことが大事です。そして同じ人が書いている他の記事でおもしろい記事があればそれを見ればいいんです。


わざわざ嫌な気分、モヤモヤした気分になるためにエントリーを開きにいくなんて、よく考えたらちょっと鈍くさいですよね。

 

文章は会話とは違い一方的に受け取るもの、書き手も悪意はないが、誤解を招きやすい、という特質がありますね。自分はこう思うけれど、人それぞれ価値観があると思う、というスタンスがなかなか伝わりづらい。

価値観の押し付け合いよりも、共有をしたい

私がオピニオン系の記事で主張したい相手は、反対の価値観、意見を持つ人ではありません。(警告の意味を込めての発信はありますが)

同じような感情、価値観を持っている人に、「その感情、価値観でもありだよ、別に変でもなければ、避難されることもでもない、私だってそう思う」ということを伝えたいからです。

 

自分の周囲に自分の意見を理解してくれる人がいなくても、ネットという広い大海には、同じ意見を持っていて、堂々とぶっちゃけている人もいる、だからあなたも、自分の意見を大事にしてもOK!と思ってもらいたいからです。

 

人それぞれ意見が違うから、周囲の人から反対されたり、時には自分を避難してくることもあるかもしれない。

 

でも多くの人にとっての正解、まっとうなこと、が本当に正しいなんて保証はどこにもない。自分だけの正解を大事にして欲しい、という気持ちから書いてます。


私が昔からブレずつに思っていることは、自分の意見だけが正しい、と信じている人は、どんなに年齢を重ねても、結局は幼稚、ということです。

 

多面的な見方のできない人は幼稚です。


私は小心者なのでイケダハヤトさんのように潔く、はなかなか書けません。(でもその内それができるようになっていると思います)

 

オピニオン系で強い主張をした後は、「これ、反感買わないかな?嫌われないかな?嫌な気分になる人もきっといるよね(;´・ω・)φ」と冷や冷やしながら公開ボタンをそっと押しています。自分のブログなのに変ですよね。


最近は、有り難いことにブクマやコメントを頂き、少しづつ、どんな記事でも、内容とウマの合う人はどこかに必ずいるんだ、と思えるようになりました。

 

ブログは自分の思ったことを正直に書かないと、存在する意味自体もなくなってしまいます。

これからもオピニオン系記事は素直に思ったまま、ガンガンかいていこうと思います(・ω・)ノ

 

ちなみに最近書いた記事で、公開に勇気がいったのはこの2つです↓ 

www.nomado67.com

 

www.nomado67.com

どや顔(`・ω・´) (内心ガクブル(;゚Д゚))