さんじょーのブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじょーのブログ

ノマドワーカーの雑多なブログです。

スポンサードリンク

未経験から稼げるライターになる方法 目標年収600万円以上

ブログ術 フリーライター、在宅ワーク

フリーライターを本業にするなら年収600万円超えを目指したい理由

 本業として、在宅ワークで自分や家族の生活を支えられるようになるには会社員の年収と同列で考えてはいけません。

フリーランスの場合、お仕事量に波があること、ボーナスがない、社会保障がない、などという点から生活は非常に不安定です。 生活が安定し、安心だ、という状況になるには年収600万円は必要でしょう。

フリーライター年収600万円

 

もちろん、個人のライフスタイルによってもっと少なくても余裕で生活していける人もいます。しかし、不安定な仕事、保証のない仕事故に、毎月お給料が保証されている会社員の友人達と同じ収入で安心してはいられないのがフリーランスです。

取材経費がかかるライターのお仕事

ライターのお仕事は非常に幅が広く、記事内容、掲載する媒体によって必要になる経費も異なります。

 

取材が必要な仕事の場合、交通費や宿泊費など結構な取材経費がかかります。確定申告時に経費として落とせるのもが多いですが、多くの場合取材費用は自分で立て替えし、後から支給されます。まだ仕事の依頼が少なく経済的に厳しいライターさんの場合、取材経費のために節約・・なんてこともあり得るでしょう。

フリーライターの年収は取材経費を差し引いた年収で語られることが多いですので、お仕事を完了するまでにいくら経費がかかっているか、を加味することが重要となります。(取材経費は全額支給というクライアントもいれば、ライター負担という場合もあります)

 

取材費用のかからないライターのお仕事も沢山ある

費用や年収の話を聞くと、なんか・・フリーライターって大変そう(;´Д`)と気持ちが萎えてしまいそうですが、大丈夫!

 

実際は取材費用のかかるライター案件ばかりではありません。インターネットや図書館の専門書で調べれば書けるような案件も多く存在します。特にクラウドソーシングや参加型ライター募集サイトの案件はお題にそって文章を書けばいいという案件も非常に多く、取材する必要のない仕事も多いです。

www.nomado67.com

 

ライターのお仕事は幅がありますので、未経験、初心者の内は比較的簡単にできる案件を中心にライター作業に慣れていくのがいいのではないでしょうか。今は本当に案件のバリエーションが豊かです。自分の専門分野や得意分野を作り、マネタイズしながらライターの報酬も上げていく・・そんな方法を模索するのもアリです。

 

月収50万円を手堅く稼ぐフリーライターになるために必要なこと

年収600万円稼ぐには、毎月50万円の収入が必要です。フリーランスのお仕事が軌道に乗れば決して届かない額ではありません。

しかし、1文字0.5円レベルの単価の案件をいくらこなしても月収50万円には届かないでしょう。(無理するとお金を得る前に身体が先に壊れます)

 

ライターで月収50万円を毎月確保する鍵 お仕事の幅を広げる

フリーライターで安定して多く稼ぎたいなら、収入のパイプを狭い範囲で限定しないことが鍵です。 

www.nomado67.com

当たり前ですが、フリーライターの武器は文章です。文章は今の社会において需要のとても多いジャンルです。雑誌が減ってもWEBサイトは減りません。特にインターネットの世界では、ホームページを充実させたい!アフィリエイトサイト用、自分のブログ用に文章が欲しい!(誰か自分の代わりに書いて!)という人は沢山います。

 

フリーライターの年収を上げる具体的なマネタイズプラン例

私が考えるライターの仕事の幅、収入を増やすためのビジネスプランを例としてあげてみます。(一部WEBデザイナー、イラストレーターの方でも応用できます)

 

WEBライター案件をこなす。(専門分野など強みがあれば単価UP!)

WEBライター案件は数が非常に多いので、仕事がない、という事態はまず起こらないでしょう。サイトやブログを運営している人は常に更新に追われているため(検索上位を他社に抜かれないよう)記事を欲しています。

 

単価はピンキリですが、質の高い文章を提供してくれるライターさんは逃したくないという依頼主がほとんどです。そのような依頼主は優秀なライターさんを囲い込めるよう単価を上げてくれるでしょう。良心的な判断で報酬単価を上げてくれる依頼主さんと長期的なお仕事関係を築ければ安定感が強くなります。

見込み月収額

このWEBライター案件だけで最低月10万円は確保しましょう。

 

自分のブログやホームページを作り、ブログやサイトから広告収入を得る

今、プロブロガーと呼ばれる人が増えています。プロブロガーとは自分が運営する個人ブログから毎月生計を立てられる額の収入を得ているブログ運営者の個人を指します。

具体的な収入の定義は曖昧ですが、一般的に20万円以上~ということになるでしょう。プロブロガーの中には毎月100万円以上の収益を稼ぐブロガーも存在します。

 

フリーライターとして文章を武器にした仕事をしているのなら、文章をブログという媒体を通して直接読者さんに届け、アクセスを集めることも検討する価値があります。アクセスの多いブログには広告料が発生します。CMなどと同じで、より多くの人の目にふれるサイトなら広告を出したいという企業は多く存在します。(企業から直接の広告掲載のオファーを純広告といいます)

 

しかし、まだ駆け出しのライターがすぐに数十万、数百万のアクセスを集めるブログを作るのは厳しすぎます。まずはアドセンスなどアクセスが低くても広告を掲載できるサービスを利用してみるのがいいでしょう。他にもASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)を通して商品を紹介し紹介料を頂くことも可能です。

見込み月収額

アドセンスやアフィリエイトの収益で月15万円以上確保できるようになりましょう。

 

自分の書いた記事を有料化し、noteやamazon電子書籍(KDP)などで直接売る

自分の書いた文章をブログなどで公開し、人気が出てきたら電子書籍や有料記事化し販売してみるのもいいでしょう。特に人気がなくても、専門的な内容の記事なら購入してくれる人がいるかもしれません。ただ、月5万円以上の収益を得るには、ブログやメディアでの知名度、人気も必須となります。

 見込み月収額

フログを育てながら、有料記事、電子書籍で月5万円以上を目指しましょう。

 

得意分野を作り、その道の講師として活動する

あなたがフリーライターとして文章を書くお仕事をしていると、あなたの周囲は同じく文章を書くプロが多くなるでしょう。

 

しかし、視点を広げて俯瞰してみると、文章を書ける人はいても、読みやすくわかりやすい分を書ける人、魅力的な文章を書ける人はそう多くはありません。ましては文章を書くことで毎月数十万円稼ぐことができている人はほんの一握りです。

 

あなたがフリーライターとしてさまざまな方法、分野で成功してきたら、同じくフリーライターを目指す人を指導する立場にまわってみてもいいでしょう。

 

文章講座を開いてもいいですし、フリーライターのマネタイズ法を提案してあげたり、ライターさんの抱える仕事上の悩みを解決してあげることもできます。

講師側へまわるとマネタイズの幅も広がります。有料サロンなどを開かなくても、ブログやサイト上で文章指導をメールで行うこともできます。

 

その際、先生という立場上、あまりにも安すぎる値段の提示は避けましょう。また自分からガツガツ売り込んでいくことも望ましくありません。先生からの助言は求められるものであり、売り込むものではないからです。

一回の指導の価格は最低でも5000円~。一万円前後がベストでしょう。私がフリーとして独立する前に何十回も読み込んだこの本の中にこう書いてありました。

 

スペシャリストというのは、ひたすら「一万円札」だけを集める人のことを言います。すなわち、自分の専門分野をごくごく小さな分野に絞って、全神経を集中してその道を究めるのです。

変なムラ毛を出して「百円玉」も一緒に集めるようなことはしません。

 

スペシャリストという立場でサービスを提供するなら、一件1万円以上の価値を相手につけてもらえるように取り組んでいくべきです。安すぎる価格を提示する位なら、無料で指導し、リピーターさんを増やす方向へ戦略を立てるのもありです。(始めの内のみお試し価格として安価で依頼を受けるのはありです)

私も過去、マネタイズし、アドバイザーのお仕事(講師側)をさせて頂いていた時期は月10万円程度の収入を頂いていました。(ひと月の依頼は7件程度。それ以上は体力、スケジュール上無理でした)

見込み月収額

講師としての指導料で月10万円以上を目指しましょう。

 

以上のマネタイズ法だけで月に40万円の収入になります。あとは伸びてきたマネタイズ法にさらに力を入れて10万円伸ばしていけばいいでしょう。

フリーランスで月収50万円以上稼ぐことは十分可能

目標額に設定した数値は決して不可能な高すぎる理想ではありません。じっくりと腰を据えて、試行錯誤しながら時間をかけて本気で取り組めば十分達成可能ですし、実際に実績を上げている人も多く存在します。

 

アイデア次第でビジネスのマネタイズは無限 

例えば文章を書くのは得意でも、SEOや読者さんの目を引くような魅力的なタイトル、見出しを考えるのは苦手、できれば文章の執筆だけに専念したい、というブロガーさんやサイト運営者の方少なくないはずです。

 

そこで、キーワードプランナーなど具体的な数値とWEBマーケティングの知識に基づき魅力的なタイトルを考えてあげる、見出しをつけてくれる専門のサービスがあれば非常に助かります。「タイトルと見出しのみ、承ります」というサービスがあってもいいのです。もちろんちゃんとした実績を提示するために自身のブログや他社での実績などもあったほうがいいでしょう。

ビジネスプランのポイント 相手の悩みを解決する、面倒なことをしてあげる

ブロガー、サイト運営者(コンサルタント、デザイナー含む)は、文章作成、作品作り以外にも、営業、コピーライティング、SEOなどをすべて一人でやっています。一つの記事を書くための作業をもっと短縮したい、と感じている人は私以外にも沢山いるのではないでしょうか。

収入確保の依存先を分散させ、仕事がないというリスクに備える 

繰り返しますが、収入確保の手段を限定せずにさまざま方向でマネタイズし、工夫していけば合算して月収50万円は十分目指せる額です。

 

本業として生計を立てたいと考える人は、参考にしてみてくださいませ。(他に資産があったり、家族の収入も当てにできるならそこまでこだわる必要はありません)

副業としてライターで稼ぎたい人は無理せずコツコツと取り組もう

副業で在宅ワークをしたい方は、無理せず本業に支障のでない範囲でコツコツ取り組むのがベストです。副業が軌道にのらない内に、安易に会社を辞めてしまうことはおすすめできません。

未経験から稼げるフリーライターになりたい人は最初が肝心

本業としてフリーランスで食べていきたい人は、始めの数年間は辛いですが、スタードダッシュをしっかりとかけて、なんとかリピーターやお得意様を確保し、軌道に乗せていきましょう。数年間は仕事に人生を捧げるつもりで熱心に様々な手段、方法を試しながら腕を磨いてください。

フリーライターの仕事は報われやすい

ライター、デザイン、など「かく」という作業は、形が残り、永続します。

運動能力や外見で勝負するよりも、変動が少ない分、ストック型で資産や結果を溜め込むことができるのです。やればやるだけ、続ければ続けるだけ有利、ということです。残された文章、作品は消えません。(データは必ずバックアップをとりましょう)農作物のように、数か月で腐ってしまうものでもありません。

ライターのスキルは資産になる

今自分の書いている文章、作品は何十年も残る資産になるのだ、という気持ちで取り組んで頂ければ、と思います。努力は目に見える形で必ずあなたに富や安定をもたらす資産となってくれるでしょう。

気が乗らない、結果がついてこない、と感情に流される必要はありません。始めのころはあまり稼げなくても、割りに合わなくても、仕事だと思って取り組んでください。

 

仕事だと思えば、辛いこと、やりたくない作業もあるのは当たり前です。フリーライターのお仕事は、他の仕事と同じように楽しいことばかりではありません。楽しいことばかりでわくわくし続けたいなら、趣味で楽しめばいいのです。

 

マネタイズを考えながら、ライターとしての収入の幅を広げるには、仕事として取り組む意識が重要となるでしょう。

尚、今回の記事は、フリーライターに焦点を当てていますが、他のデザイン系のお仕事の方にもご参考頂ける点もあるかと思います。

最後までご覧頂きましてありがとうござました!