さんじょーのブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじょーのブログ

ノマドワーカーの雑多なブログです。

スポンサードリンク

アレルギー検査の結果と花粉症治療のステロイド注射について

アトピー克服体験記

アトピー性皮膚炎発症時に受けたアレルギー検査

前回は食物アレルギーに対する検査をしたのですが(食物はアレルギーなしでした)、その前に食物以外のアレルギー検査も受けていました。

ハウスダスト、ダニ、スギ花粉やヒノキ等のアレルギー検査

前回はマイナスで反応しなかったアレルギー値がこちらの項目ではしっかり反応してしまいました。特にダニやスギなどがひどめです。正常な人はゼロ以下だから。

アレルギー検査を受けるには?

皮膚科で受けられます。検査する項目数によって費用も変わってきます。基本的に保険も効かないようなので、5000円~1万円程みておいたほうがいいです。

私の場合、7000円位だったと思います(せっかくなので検査項目は多めにしてもらいました)

アレルギー検査

郵送で検査することもできます。輸送の場合、購入した検査キットを使い自分で採取し、送り返すという流れです。検査項目や検査機関は同じ場合が多いですので基本的に皮膚科でも郵送でもあまり変わりがないと思います。

忙しくて病院まで行けない人は郵送が便利ですね。さらに多くの検査項目を知りたい場合はお値段は上がりますが33項目検査できる↓のタイプも便利です。

またアレルギー検査でわかる総IgE値はアレルギーが発症している時には高くなり、収まると低くなるそうです。数値は絶対ではなく、あくまでも今の状態を知るためのものだそうです(´・ω・)(皮膚科情報)

ダニ、ハウスダストのアレルギー値は重要

ダニに関しては確かに、ペットを飼っている友人に家のこたつ布団の中で寝ていたら、次の日顔中に湿疹がでてびっくりしたことがありました。

その時は特になにもしなくても、2日で引いたので特に気にしてなかったのですが、アレルギーを持ってるということですね・・(´Д⊂犬猫ちゃん好きなのに~!

スギ花粉のアレルギー反応は圧倒的に強い

所でスギ花粉の数値が高いのは以外でした。

春先になると、鼻が少しムズムズしてはきたけど、まわりにはくしゃみが止まらない程の人も結構見かけてたので、自分はそんなにひどくはないと思っていました。

しかし、今年の春先に発症したひどいアトピー性皮膚炎の引き金はもしかしたらスギ花粉だったのかもしれません。

 花粉症(スギアレルギー)の症状を和らげる治療法

重度の花粉症の人やどうしても症状を押さえたい人が花粉アレルギーの不快な症状を出抑えるために、即効性と効きめにとても優れているのが、ステロイド注射による症状緩和の治療です

 

これは花粉の時期に数回ステロイド注射をして、体の中からアレルギーによる炎症やくしゃみ、鼻水等を押さえこんでしまう治療です。

ステロイドを注射するなんて怖ろしいような気がするけど、忙しいビジネスマンや舞台女優や演奏者等、花粉症の症状が出ては生活の妨げになる人なんかは結構治療されているそうです。

ステロイド注射治療は回数と頻度を慎重にしないと危険 

ただし、注射は花粉の期間のみ、数回以内にとどめるなど守るべきことがあります。間隔を空けず、頻度を多くしては絶対にいけないらしい。

その注射間隔や頻度を守れば、見事に花粉の時期を表面的には無症状で乗り切れるらしいです。

 

でもよほど切実でなければ、この治療法は私は避けたほうがいいと思う。

注射や服用のステロイドと外用のステロイド軟膏じゃ副作用のレベルが違いすぎるから。 

www.nomado67.com

↑私は花粉症の時期はマスクのみで乗り切ります。使い捨てよりも繰り返し使えるマスクのほうが花粉ブロック効果が強力だと感じます。

ステロイドの副作用:皮膚が薄くなる、依存性がある(免疫力が弱くなる)

この前薬局で50代位のマダムが皮膚の炎症を抑える薬を探していて、店員さんに、「この薬、ステロイドは入ってないんですか?」って念押しで聞いてました。

 

やっぱり皆心配ですよね(;´д`)

私は弱いステロイドからプロトピックに段階移行の治療法でキレイに治ったけど、ステロイドだけでは無理だったかもしれない。

www.nomado67.com

↑私のアトピー発症から完治までのまとめを写真とともに載せています。

ステロイドのみだと、やめた後にほぼ必ずぶり返してしまっていたから。

でも湿疹の炎症がひどい時はステロイドを使わないともっとひどい状態になる。

www.nomado67.com

↑アトピーで寝ている間に無意識に体中を掻き毟ることを防止する対策法。

追記:2016年

この記事はアトピー発症時に書いた記事です。現在は完治し、肌は綺麗な状態を保てています。花粉の時期も普通に過ごすことができています。

アトピーケアのカテゴリには末期の症状の写真や煮詰まっている時期の記事などもありますので、興味のある方は是非見ていってください(^ω^)