さんじょーのブログ

さんじょーのブログ

ノマドワーカーの雑多なブログです。

スポンサードリンク

報酬が高くても、若さと美、色を安易に売らないほうがいいと思った件【付加価値=お金だけじゃない】

私は今まで、いわゆる夜のお仕事は一度もしたことがありません。

しかし、一度だけ興味を持ち、気持ちが揺れ動いた時期があります。

f:id:nomado67:20170316064224j:plain

スカウト、眼中になし。お金で色は売れませんの

昔から歩いていると、お水系のお店のスカウトや怪しいプロダクションのスカウトをしょっちゅう受けていました。

いつもほどんど立ち止まらずに、話も聞かずに無視していました。

ただ、立ち止まっている時に、丁寧な態度で対応してくださった方のお話は何件か聞き、名刺を頂いたことがあります。

 

「お人形さんみたいですね~(・∀・)こういうお仕事に興味ありませんか?」

という感じです。しかし興味を持ったことは一度もありません。

  

小遣い欲しさにキャバに体験入店しまくっていて、私にも「今度一緒にやろうよ!」と誘ってきた友人を見て「アホじゃないの?(´-ω-`)」と心底呆れた記憶があります。

金に困り、効率のいい稼ぎ方に魅力を感じる

そんな私でしたが、美や色をお金(割のいい)に換えられる、という誘惑に負けそうになったことがあります。

無職状態になったり、職を探したり・・と収入が安定しない時期があり、お金に非常に困っていました。

そして安いお給料の割にキツい仕事も多く、「身体を酷使して働いてもこんだけにしかならない。こんなんじゃ、ゆとりのある生活なんて無理・・(›´ω`‹ )」と絶望していました。

銀座のクラブとよくわからない謎のお店の名刺

どうすればもっと高いお給料で働けるんだろう?と色々考えいた時、少し前に貰った、お水系のお店の名刺を思い出しました。

名刺は2枚しか手元に残っていなかったのですが(他のものは捨てた)、その2枚の内の一枚は銀座の高級クラブ、もうひとつは何かよくわらないお店でした。

ネットで、そのよくわからないお店の情報を調べてみると、どうやら「高級愛人クラブ」のようなお店でした。

お金持ち男性×収入の少ない美人:ビジネスライクな愛の関係

簡単に言うと、お金持ちの男性と若くて綺麗な女性を引き合わせて、愛人契約を結ぶという仕組みらしいです。

男性側も身元がわかるビジネスライクな愛人を持てて安心ですし、女性側も昼間のお仕事では得られないような大金を男性に貢いで貰えるので、Winwinというわけです。(多分)

男性は社会的ステータスの高い人が多く、女性はモデルの卵など芸能関係の人や普通のOL、大学生などが多いそうです。

 

そういうえば大学にこういう愛人契約して月100万円位オジサンに貢いでもらってるってコいたなぁ(´д`)メチャクチャ陰口叩かれてたけど。

私の今の美と色をそういうシステムで売れば、月100万円位貰えるようになれるんだろうなぁ。コツコツ働いてもせいぜい月20万程度。

・・こっちのほうが効率的じゃない?

変なプライド捨てて、こっち行ったほうがいいんじゃない?

・・・はー(;´д`)」

という強い葛藤が生まれました。

それでも結局やらなかった理由

  • 自分の身体を大事にしたい(性的搾取、お酒、副流煙のリスクがありすぎる)
  • (一部の)キモメンやバカ男にお酒をついでニコニコしたくない
  • カタギの世界で生きていたい
  • 彼氏に(遠距離中)に言えない

結果、貧乏でも昼間のお仕事でコツコツ路線で行くことに腹を決めました。(名刺も捨てました)

夜のお仕事のことを批判するつもりはありませんし、本当に大変なお仕事なのだろうと思います。

自分の気持ちを大切にしたかった

 私の場合、やらなった一番の理由は、自分を大事にしたい、嘘をつきたくない、という魂レベルの強い抵抗のほうが大きかったからです。

それに性格的にめちゃくちゃ向いていないので、多分数日でクビになると思います(;´д`)

他のお店は怖そうですが、銀座の高級クラブ位になると、お客さんも紳士な方が多そうですし、なんか色々守られてそうなので、抵抗のない人は生活の質をあげたり、社会勉強をするいい機会になるのかもしれませんね。

学生のバイトとして安易に踏み込まないほうがいい

ちなみに愛人クラブは今から考えてもちょっと論外すぎました。

明らかにお酌するだけじゃ済まないですからね・・(;´д`)

割り切れる人ならアリかと思いますが、抵抗のある人は絶対にやめておいたほうがいいと思います。

大学生がアルバイト感覚で足を踏み入れるケースも多いらしいですが、卒業したら即やめたほうがいいかと思います。(学士号をとってまでやることじゃないと感じてしまいます)

それでも、

  • 私はこちらのほうがいい!
  • 自分の武器を生かしたほうが楽しい!
  • 安いお給料で困窮しながら、いつまでやりたいことができない位ならこっちのほうがいい!

という動機も理解できるので、本当に自由でいいと思います。

ただ危険も色々ありそうですし、よく考えずに飛び込むのは安易すぎるでしょう。

容姿端麗=美を売る仕事という選択だけじゃない

他の美人やスタイルのいい人は、自分の美や容姿に付加価値がついていることを、普通に暮らしていても、人と関わる度になんとなく感じることだと思います。

 

ストーカーまがいの被害や、他人からのガン見目線など、普段はそれがマイナスの影響も感じられて(外出恐怖症&視線恐怖になる確率が上がる。)

「こんなんなら金とってやんなきゃ損じゃん!ヾ(`ω´*)ノ」と思いたくなる気持ちも沸いてくるかと思います。

そのことについては、いいのか、悪いのか、誰にも判断できませんし、自由です。

付加価値は利用しなくても良い

ただ私の経験では、たとえ貧乏でも、対して稼げなくても、昼間のお仕事でコツコツ、安全に稼がせて頂くという生活をして正解だったと思っています。

自分を大事にできた、という自己信頼感が今でも強いです。

www.nomado67.com

↑でも書きましたが、容姿だけで勝負する仕事は期間限定で命が短いです。

他の仕事では30代~40代~と経験値がついて、バリバリ活躍できる年齢の頃に、逆に不利になっていきます。

積み重ねてきた努力と実績が途中から比例しなくなるのです。

 

それって頑張ってきた自分がかわいそうじゃないですか?

芸能界のように著名になれば一般人とはかけ離れた金額のお金を稼げたり、影響力がつく仕事ならまだしも、お水系は使い捨て感覚が非常に強いです。

 

やるなら30代半ばで退職する計画を立てて、稼げる時に沢山稼いでおく、他の転職も視野に入れておく、等その後の対策もたてながら、こちらもいい時期だけ利用するのが賢いですね。

退職後は結婚しか生計を立てる手段がない、というのも、やはり自分がかわいそうに思えてきます。

せっかく頑張ってきたのだから、仕方なく、ではなく、自由に次の人生選択をできる手段を確保できたら、より安心して暮らせるのではないかな、と思います。

まぁ完全に余計なお世話です(;´・ω・)スミマセン。

結論

色(美)を売る仕事は人によっては効率的でメリットがある。

ただし、寿命が短い、危険が伴う場合もあるので安易に選択しないほうがいい。

特に自分の魂が強い抵抗を起こす人はしないほうが良い。

補足

あと、未成年がプロダクション等と契約すると、水着のグラビアなど性的に搾取される可能性が高いので、親も気を付けてあげていたほうがいいかと思います。

そろそろ日本でも規制されてくるかと思いますが、まだ思春期の未成年が性的に描写されることで、本人が深く傷つく可能性があります。