さんじょーのブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじょーのブログ

ノマドワーカーの雑多なブログです。

スポンサードリンク

【愛着障害】他者との愛情関係、人間関係が不安定な人にオススメの一冊

ぼやき、どうでもいい話 本の感想

この本、約3年以上前に購入していたのですが(新書版で)、未読のまま積読になっていました。

当時の仕事の関係で、参考になれば、という思いで購入しましたが、自分にもきっと当てはまるんだろうな、という予感もしていました。

愛着障害とは?

乳幼児期に長期的に虐待やネグレクト(放置)などを受け、子どもの頃に得るはずだった他者、特に養育者に対する安全感・安心感を獲得することができなかったために引き起こされる障害の総称。

 中略

前者は人との関わりにおいて、適切な形で関係を開始したり、反応したりできず、過剰に警戒心を抱き、誰とも親しい関係になれない傾向がある。

後者は他者との適度な距離感が理解できず、警戒心なく広範な人間関係を形成しようとして、知らない人に話しかけたり、なれなれしく対応し、その後、過剰にベタベタしたりする。

両者とも他者との適切な距離感がとれず、非常に不安定なのが特徴である。

 

引用サイト様:愛着障害(アイチャクショウガイ)とは - コトバンク

 愛着障害(愛着スタイル)チェックシートの結果がショック(;〇д〇)

本の巻末に愛着スタイルのチェックシートがあります。

15点以上で非常に愛着障害傾向が強く、10点以上で強い、になるそうです。

私は回避型が14、不安型が13。

⇒診断結果:愛着不安、愛着回避ともに強く、傷つくことに敏感で、疑り深くなりやすいタイプ。

 

見事に当たってますね(;〇∀〇)アハハ

少しショックだったのが一番左端の、安定型の項目がゼロだったこと!50個近く質問があってゼロって(゚д゚lll) 

私が考える愛着障害のメリット

確かに思い当たる節はありますが、私はそういう愛着に障害を持つ経験って必ずしも負の要素ばかりではないと思うのです。

愛着障害

いい人や、安定した環境の有難みに気づき、感謝できる

毒親や毒親戚、毒姉弟などに囲まれていた人は、他者がマトモに見えるという利点があります。いい人や優しい人を、「つまらない、物足りない」と足蹴にすることなく、そのような人の優しさ、親切心を深く感じる取ることができます。

また、他者に対し、自分の欲求を満たす道具のような見方をすることも少ないです。謙虚で調子に乗りにくい性格を形成しやすいと感じます。(人によるかもしれませんが;) 

瞳がキラキラして色っぽくなる

これは私の個人的な観察、他のカウンセラーの先生からのアンケートに基づく統計にすぎませんが、愛着障害や虐待など、心に深い傷を負った人の瞳って、なぜかキラキラしているんですよ。

生き生きとしたキラキラ感というものではなく、憂いをおびた煌めきという感じで、パッと見すぐにわかります。

実は私も昔から瞳に星がある、瞳が綺麗とよく言われますが(自慢ではなく(;´∀`))、多分愛着障害傾向が関係しているのだと思います。私以外でも、同じような愛着障害傾向のある人の瞳もキラキラしていました。

これを良い風にとれば、色気がある、瞳が澄んで見えるなどモテる要素になり、魅力が増します。

人の痛みがわかる

昔、江原さんがテレビで、

「あなたは辛い経験をしたから優しい性格になった。やはり、辛い思いをしないで、人の痛みがわかるって難しいと思いますよ。」

とおっしゃっていて、本当にその通りだな~と思いました。

 

自分が痛みを感じることなく、他者の痛みを想像することは難しいです。愛着障害のある人は、(回避型を除く)感受性が強い故に、他者の痛みや気持ちに敏感で、共感力のある人が多いです。

その点を上手く活用すれば、人を癒したり、励ましたりすることができます。

人を癒すことで自分も癒す

この本にも、愛着障害を持つ人が同じく、愛着障害を持つ人や辛い状況にいる人を癒す、相談にのることで、自分自身も癒されていくというケースが紹介されています。

 

夏目漱石がまさにそうで、漱石は自分が神経衰弱や胃潰瘍など超不安定な精神状態だったにも関わらず、後輩の面倒をよく看て、援助を怠らなかったといいます。

『夏目漱石全集・122作品⇒1冊』

そのことで、漱石自身を癒すことになったそうです。

痛みは話すよりも、聞くほうが自分にとって楽なこともありますよね。

自分で話しているとどんどん落ち込んでしまう所を、別の人の同じような悩みを聞き、アドバイスをすること、応援することで自分自身を癒し、応援してあげているような気になります。

まぁこれも辛くない範囲で、ということですが(´・ω・)

愛着障害同士で結ばれるとうまくいかないリスクが高い

愛着障害同士って、あまり人と共有できない部分が共有できるので、ソウルメイトのようなシンパシーを感じ、惹かれあうこともよくあることだと思います。

しかし、両方が不安型、回避型愛着障害を抱えている場合、どちらも不安定なので結果的に共倒れになってしまうケースも少なくないとか。(もちろんうまく行っているケースもあります)

どちらかが愛着障害なら、片方が安定型(愛着障害なし)のほうがバランスがとれて上手くいくケースが多いようです。

愛着障害を克服する具体的な2つの方法 

この本にはちゃんと解決策まで丁寧に書かれています。

安全基地(受け入れられる場所、非難されない場所)を持つ

愛着障害は、子供時代~思春期までに家族(特に親)と安定した愛情関係が結べなかったということが根本原因としてあります。

そのため、克服するには、自分を受け入れてくれる人、認めてくれる人の存在が大きなカギとなるそうです。

それは家族でも、恋人でも、友人でも専門家やメンターでも構いません。

とにかく、相手に非難されず、自分を受け入れて貰えた、話を聞いてもらえた、という経験が糧になります。

ただし、相談相手を間違えると逆に葛藤が大きくなりますので、相手選びは慎重にしたほうがいいと思います↓

www.nomado67.com

愛着障害傾向の強い人の多くは、子供時代に親や親戚等身近な人に、否定され続けた、非難され続けた、攻撃を加えられ続けたという経験(放任も含む)を持っています。

ですので、安定を取り戻すには、人に受け入れて貰えた、非難されずに認めて貰えたという経験が不可欠なのです。それは親でなくてもいいし、信頼関係を持てる相手なら誰でもいいいと思います。

受容、肯定という会話が相手にとっての安全基地となり、認められたという自信につながり一歩前進の助けになります。

 

親しい人が愛着不安を抱えている場合は、ぜひそのような聞き方、接し方をしてあげてください。

もし自分が愛着障害を抱えているなら尚更、一人でも前向きな方向へ送り出せるようしてあげましょう。鈍い人にはここら辺は全くわからないので、同類がやるしかないのです。 

自己受容(ありのままの自分を認める)

安全基地以外にも重要なことは、自己受容です。自分で自分の価値をありのままに認めてあげる、ことですね。

それができないと、他者から認めてもらうために、ボロボロになるまで頑張り続けたり、人に好かれるよう無理をして自分を偽る、という悪循環にハマるリスクが高くなります。

他人から受容されることだけではなく、自分でも自分を受け入れないといけないのですね。「自分には価値がある。私はこのままでいい。」そう抵抗なく思えるようになれば完璧です。

やはり、取り繕った根拠のある自信では自己受容はできないんですね。成績がいいから自分が好き、容姿がいいから好き、ではダメなんです。

バカで、ちゃらんぽらんで、ハゲてて、デブで、根暗で、足くさくても自分大好き!(o´∀`o)v

といえる次元が自己受容です。

他人に言うと、ストイックな人から、「何甘ったれたこといってんだ!」と怒られちゃいますから、脳内だけでこっそりやりましょう(;´・ωq・)

自分たん付け、頭ポンポン法はオススメですよ~↓

www.nomado67.com 

まとめ

愛着障害を抱え、大人になってからも苦しんでいる人はとても多いと思います。

むしろ安定型の人とあまり変わらない比率で存在するのではないかとすら思います。

ですので、「自分、愛着障害だ!もう終わった。不幸すぎる(;д;`)」と嘆く必要はありません。あなたの隣の人も、いつも会うあの人も、実は愛着障害で苦しんでいるのかも・・。

 

愛着障害の克服方法を把握した上で、意識的に行動に移し、自己受容できるようメンタルをトレーニングしていけば克服できる可能性大です。(実際本の中の多くの著名人がこの二つの過程を通して、克服されています。スティーブ・ジョブズ、クリントンなど)

おまけ:愛着障害キャラとして開き直るのもアリ

あとは、これも運命だと思って受け入れるのもアリですね。

私も昔はかなり悩みましたが、今では逆に対人関係のストレスが減り(フリーになれたので)、昔よりもマイルドで安定した生活を送れています。

回避型、不安型特有の面倒なことは避ける、傷つきやすい面も、今は逆に「もうこれでいいわ(´-ω-`)めんどいし。」と開き治っています。

誰がどう言おうと自分の人生なんだし、全部自分で決めたるわ!(・`д・´)そしてポックリ逝く!という感じです。

逆に、愛着障害の特性を生かした活動もできているので、いい方にも悪い方にも作用している、という今の状況は、そんなに悪くもないな、と感じています。

冒頭のテスト、さすがお遊びに心理テストとは違いますね。自分も愛着障害かも?と感じる人はぜひチェックしてみることをオススメ致します。とても良い本でした!

www.nomado67.com