さんじょーのブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじょーのブログ

ノマドワーカーの雑多なブログです。

スポンサードリンク

「頑張っている人」を励ます言葉。過去形の言葉を使えばプレッシャーを与えずに応援できる。

ぼやき、どうでもいい話

「頑張れ」という言葉が相手にプレッシャーを与えてしまうことがある

日本語の「頑張って」という言葉は単調ですが非常によく使われる言葉ですよね。「頑張って」には包括的に「応援してます」というメッセージが含まれますよね。

でも、本当に死ぬ程頑張っている時、人から頑張ってと言われると逆にしんどくなること、ありませんか?相手は応援してくれているだけなんだ、とわかってはいても、しんどい時程、くほっ(ヽ゚Д゚;)とくることがあります。

 本当に頑張っている人には「過去形」で使うといい

本当に頑張ってる人の背中は押しづらいです。だから私は「頑張って」と言う代わりに、「頑張ったね」と伝えます。

「すごいね。頑張ったね*1」と。

過去形の言葉は現在形や未来形よりも優しく伝わりやすいのです。

特にある程度の結果を出しているにも関わらず、頑張りモードがさらに加速している人に対して伝えます。

励ます言葉

頑張ってきた人の道のりは本当にすごい

嘘ではなく、本当にすごいことだと思うから。何もないところから、何かを得たり、ポジションをつかむことは並大抵のことじゃないです。

周囲の人も毒づいてはいても、本当はすごいってわかっています。持たない人から見たら持っている人、やった人はやっぱりすごいと思うもの。

 

でもそういう人は大抵理想や目標も高いし、周囲にも超優秀な人、すごい人達が前を歩いていて、こんなんじゃダメ、まだまだいけるはずだって思う傾向が強いのですね。

だから、「頑張ったなんて自分をほめたら、自分にOKサインを出したら・・ここで終わってしまうんじゃないか、負けじゃないか」という思いからなかなか自分を認めることができないし、満足を感じることもできない。

しんどいなら何かがズレている証拠

でも、本当に、純粋に目標に向かっている時は、もっとわくわくしているし、しんどそうな顔にはならないと思うのです。

人は他人に認められても、何者かになっても、結局は最終的に自分に認められたいと思っているのだと思います。自分で自分のこと認めてあげたくて、色々つけ足したり、頑張ってる面が強い場合が多いです。

 

そして無理して頑張って、苦労して、被害者意識を持ち、バランスを崩してしまう人も多いです。

私はこじらせた自分側の原因を他人のせいにしてごまかしている人が気に食わないだけで、頑張る人、苦労した人は素直にねぎらいたいと思っています。(上から目線ではなく(;´∀`)いい方が難しい)

 

それに例え認められなくても、認められるために走り続けなくてもいいと感じます。そういう頑張り方はしんどいし、終わりがないです。

www.nomado67.com 

言葉を変えるだけで力を抜ける

頑張りすぎている人は、まずは頑張るぞ!から、頑張ったね、に言葉を変えてみてほしいです。でも、普段からストイックな人がいきなり転換することは難しいと思います。

そこで頑張りすぎてテンパっている時程効く、ゆるめ方のコツをご紹介させて頂きます。

自分をたんづけで呼ぶ

アホらし!( ̄д ̄)pと思われる方も多いかと思いますがコレ意外と効くので騙されたと思ってぜひ試して頂きたいです。


「○○たん」と親しい関係の人と呼びあうと、自然と相手に対し優しい言い方になりませんか?

「○○たん」といいながら相手を攻めたり、キツい言葉を投げかけることはなかなかできないですよね。

疲れた時や頑張りすぎたの時、しんどい時は、「○○たん、なんだか疲れちゃった(ヽ´ω`)」「○○たん今日はよく頑張った(ゝω・)」と自分をポンポンしてあげるんです。

誰かがそうしてくれればラッキーですが、いつもいつもそんな人がいてくれることはないですよね。

だから、自分で自分の頭をポンポンしちゃえばいいんです。
それで終わりだと言っているわけじゃないのです。

とりあえず今日は、とりあえずここまでは、よく頑張った、と自分にOKサインを出してあげるのです。

 

みんな自分に対してもっと優しくしていいと思います。

他人が頭の中をのぞくことはできないから、「何甘ったれたこといってんだ!」というスポ根コーチが登場する心配もいりません(自分の心の中にスポ根コーチが存在する場合を除いて) 

頑張っている人を応援したい時に使える言葉

もし、大切な人が頑張りすぎて息切れしているような時、頑なになってしまっている時は、まずは「すごいね。」って誉めてあげるといいと思います。

大抵「いや、まだまだ。こんなんで満足してちゃいけない!(・`д・´)」

みたいな熱い反応がかえってくると思います。

そうしたら

「○○なら絶対いけるよ!でも、まずはここまで頑張ってきた自分を誉めてあげて欲しいな(^ω^)」という感じで伝えればいいと思います。

もちろん心にもないことを言う必要はないので、本当にそう思えた相手だけでいいと思います。

応援したい気持ちがあるのに、つい発破をかけるような言い方になってしまうことがあるので、言い方を事前に気をつけておけば、うっかりミスリードしてしまうことも少ないと感じます。

ちなみにこういう時、「だよね~(´∀`)」と即座にヘラヘラして力を抜くことのできる人は心配いりません。ゆるくて逞しいので多少発破をかけてあげても大丈夫です(笑)

www.nomado67.com

www.nomado67.com

 

*1:ちなみに頑張ったね、は褒め言葉であり、上から目線になりやすいので、立場が上の人には使わないことが賢明です。すごい(です)ね(尊敬、感嘆)だけで気持ちを表したほうがいいかと思います。