さんじょーのブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじょーのブログ

ノマドワーカーの雑多なブログです。

スポンサードリンク

メンタルと知識力が弱いと美人、イケメン、エリートでもろくでもない異性に引っかかる【対策法】

ぼやき、どうでもいい話

人様の恋愛事情にとやかく口を挟むつもりもありませんが、オシャレや自分磨きを頑張って、性格も優しくていい人なのに「なんであんな男(女)と付き合ってるの?(;´・ω・)」と思わず心配になるケースがあります。

男運、女運の悪さと容姿は無関係

容姿端麗で引く手あまただからとって、誠実で心から愛してくれる相手と付き合えるわけではないですよね。

美人やイケメンが、底の浅い彼氏(彼女)と付き合い、ひどい仕打ちをうけたり、ひどい時は貶められたりして悲惨なピリオドを打っている光景も度々目にします。

 

↑ちなみにこちらの本はタイトルが良かったので載せてみました。(まだ読んだことはありません)

モテるもてないは関係なく、どんな人を選ぶか、どういう点を感じたら「あり得ない」と気づくのか、という相手を見る目(人を見る目)があるかどうか、という要因が大きいように感じます。

恋人(配偶者)のナメた態度を許すのは優しいのではなく、卑屈だから

明らかにバカにされたり、ナメた態度で付き合われているのに、だましだましで許してしまうのは、優しいからではなく、自信がないからです。

そして判断力と経験値が足りないからです。

f:id:nomado67:20170317175652j:plain

自己肯定感が弱く卑屈気味だと、無意識レベルで、「こんな自分と付き合ってくれているんだし・・。自分もこんなんだし・・。」と軽く扱われても仕方がないという観点から相手のナメた態度を許容してしまいやすくなります。

自己中で思いやりのない相手程、矛先を相手の方向へ仕向ける

またそういう相手は、自分にとって都合の悪い意見をされると、「おまえプライド高すぎ!あまえの〇〇に問題がある」などと、矛先をくるりと相手のほうに向けて、自虐するように仕向けてきます。

ここでも自己肯定感が弱いと「それも一理あるかも・・。私(俺)ってわがままなのかな・・」と納得してしまいやすくなります。

メンタルが弱く、自分に対する価値基準が低すぎるのが原因です。

この価値基準は容姿がいいとか、頭がいいとか関係ないです。

価値基準の低さは思い込みと視野狭窄

単に周囲の自分への批判や世間の暗黙の理不尽なルール(例えば男尊女卑的な考えなど)を鵜呑みにしてしまいやすいか、そうでないか、という違いです。

鵜呑みしてしまうのは、判断力がないからです。

判断力か経験値がないと有利な比較ができない

ここは自信とは関係がないので注意が必要です。

自己肯定感があっても判断力がないと、周囲の理不尽な要求や偏見に疑問を持てなくなります。

相手の意見や無言の世間からの常識に、おかしいと気づく力をつけるには、知識か経験のどちらかが必要になります。

知識や経験がれば視野狭窄に陥ることが防げ、比較対象の幅が広くなります。

他の選択肢を常に探る

例えば小さなコミュニティである学校ではあまりモテなくても、社会に出たらものすごくモテだす人もいます。

学校という狭い基準の評価以外の価値、また違う考え方をする人達が他にはいる、ということを知っているだけで、相手の狭い価値観に自分までジャックされてしまうことを防げます。

恋愛でも、文句ばっかり言ってくる、自分中心の相手の言うことをホイホイ聞き出す前に、「他にもっと素敵で誠実な人、いるよね?」「もっと自分のいい所を見てくれる人、いるよね?」と視野を広げることができ、くだらない恋人をさっさと処分できます。

ここで視野狭窄に陥り「この人の言っていることは正論、世論。」「この人と別れたらもう誰も相手にしてくれないんじゃない?」という思考に陥ると、ズルズルと不幸な恋愛関係を続けることになります。

相手の人格を忘却する

そして、そういうNGな恋人はラストに近づけば近づく程、態度が横柄になり、傲慢さを極めてきます(完全にナメられきられるということです)

結果、ひどい仕打ちをうけてENDとなり、恋愛に関する余計なトラウマと傷を残します。

f:id:nomado67:20170317175847j:plain

それらを冷静に見つめずに、こじらせると、「男(女)はくだらない!ろくでもない!バカ!」などと異性不信に陥ったり、モテる同性に対して憎しみの感情を持ちやすくなります。

結果、何の関係もない人達がとばっちりを受ける、という負のループが生まれ続けます。(美人やイケメンというだけで、相手の過去の恋愛トラウマを刺激し、八つ当たりされているケースを幾度となく見ています)

 

注:ちなみにこの場合、ひどい仕打ちをした側も「自分って男運(女運)なくて~(´-ω-`)」と被害者ズラするケースも多々あります。被害者ぶっているからといって虐げられていた、と決めつけないほうがいいです。どう転んだって100%相手のせい、がポリシーなのです。

悪い男(女)に引っかからないために絶対に強化すべきポイント

  • メンタル(自己肯定)力
  • 判断力、経験値

さえ強化できればこのようなことは避けることができます。

  • 淋しいからといって、変な異性と妥協して付き合わない(メンタル力)
  • 理不尽な要求や意見におかしいと気づく、視野を広く持つ(判断力)

という点を改善していけば、必ず誠実でマトモな人と出会えるはずです。

付き合い初めてみて、離れるべきか、そうでないか比較的早い段階でわかるようになります。

本当はマトモで良心的な人のほうが圧倒的に多いのですが、後は自分の態度次第です。

また必要以上に卑屈になったり、世話焼を焼きすぎたりすると、マトモ系の人からも若干軽く扱われやすくなる点に要注意です。

自分を尊重することを非難する人間はろくでもない可能性大

自分に誇りをもって、相手のことも尊重する、それが大人の付き合いではないでしょうか。

自分に誇りを持つこと、大切にすることを批判してくるような相手こそ、ろくでもない可能性大です。

単に自分にとって都合のいい人間が欲しいだけじゃないでしょうか。

理想が高くなったら素直に上方修正する

あと自分の感性が変わってきた時も、抵抗しないで感性を尊重してあげることも重要だと感じます。

例えば「以前なら、公園でまったり、おうちデート、休日は電機店めぐりでも十分幸せ~(๑´ڡ`๑)と感じていたけれど、今は違う(ω)

もっと綺麗な場所に出かけたい、華やかな場所にも行きたい!エスコートしてもらいたい!(*>ω<*)♡イケメン(美人)がいい!」

という欲求が生まれた時は、もう自分が次のレベルへ進む時なのです。

ですので、いつまでもどんぐりの背比べのように、下方修正の関係に留まらずに、素直に理想に忠実に行動してみるのもアリだと思います。

変化と進化は健全な欲求

いつまでも変化なしで満足しているのは、謙虚だからではなく、成長がないからです。

もっと上の世界を見てみたい、もっと素敵な人と付き合ってみたい!という感情は健全で前向きな精神ですので、そちら側へ寄せて歩いていけばいいと思います。

「理想ばっかり高いからいい人見つからないのよ( ̄公 ̄)」なんて皮肉まじりに誰かに言われてもシカトです。

「そういう志の低さだから、あなたはいつも冴えない顔してるのね(^p。^)ホホ」位に思っておけばいいです。

どんな時でも、自分を必要以上に低く見積もる人、幸せや希望を打ち砕くようなことをいってくる人や意見は無視する、と決めるだけでも効果があります。

恋愛もアップデートでより良くなる

ダメな異性と「付き合ってしまう」のは仕方がないこと。それもいい経験になるので決して無駄ではありません。

ただその後は、できる限りすみやかに、また同じタイプではないか?関係性が同じようになっていないか?と相手を見極める能力も磨いていきたいですね。

 

そうすれば、優しくて誠実な人が底の浅い女や男に傷つけられたり、無下にされることを防げますし、こじらせ人口が減るので、新たな被害者を減らすことができます。

 見極めポイント(ざっくり)

とりあえず相手の言葉ではなく、行動や態度のほうを重視してみるのもいいと思います。

またできれば、その行動が不安や恐れからくるものなのか、純粋な感謝や愛情からくるものなのか、感じとれるようになれれば最強ですね。

前者は威圧的、後者は開放的です。

 

愛情はケチらずに、自分の人間性を尊重してくれる人に、沢山注いでいきたいですね。

愛や献身(押し付けでない)に砂をかけて返してくるだけの人に、あなたの誠実さを受け止める器はありません。

まとめ

ま、エラソーなこと書いて私もまだまだですけどね(;´・ω・)>

 

ただ、最近そういうことがあまりにも目に余ると感じていたので書いてみました。

マスコミやドラマ等の影響か、不自然に世間基準(ふわっ)と自分を比べて卑屈洗脳に陥ってしまっている人も多いように感じます。

幸せの定義や願望の前提なんて人ぞれだし、誰かに事前に押し付けられるものではありません。

心はもっと、自由でいていいと思います。

www.nomado67.com