さんじょーのブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじょーのブログ

ノマドワーカーの雑多なブログです。

スポンサードリンク

上司ウケ狙いが苦手な人は、直接顧客と取引をする商売がオススメ

ぼやき、どうでもいい話

組織の中で一生懸命仕事をして、いい成績を出しているのにイマイチ評価されていない人っていませんか?

一方で、大した仕事ぶりでもないのに、上司ウケがいいから、押されて人事評価の高い人もいますよね。

人事評価

もちろん、仕事ができて、評価も高い、なら問題ないのですが、前者の、仕事はできても、上司ウケが悪いためになかなか評価されない、不遇な状況にいることが多いという人は組織での活動には向いていない可能性もあります。

上司や人事の評価は本質を捉えているのか?

私個人の意見では、人が他の誰かを正確に判断することはできない、です。

面接でも、社内評価でも、第一印象のカンや、好感度、気遣い、根回しなど、本質とはズレた部分の評価、ということが少なくないのが現実だと思います。

人間は愛すべき俗物

どんなに優秀な人でも、博愛精神をもった崇高な人でも、他者を主観を交えずに公平に評価すること、なんてできるはずがありません。

ですので、上司など直接のサービス対象者と関係のない人に、仕事の評価をされるのは不快です。

対お客様なら正当な評価を得られる

もし、上司にうまく媚びを売れないタイプの人でも、お客さんになら誠実に丁寧に対応したいと心から思えるかもしれません。

お客さんは実際に金銭的な取引をしてくれるお相手ですし、お客さんがいなれば収入がなく生きていけなくなるわけです。

すると自然と感謝の念がわき、誠心誠意、手を抜かず、質のいい仕事をする習慣がつきます。

実際にサービスを利用して頂いたお客様の評価は、わけのわからない第三者の評価が挟まることもないので、公平です。(もちろんモンスタークレーマーのような客は例外です)

ダメならリピートはないし、よければ何度もリピートしてくださいます。

私はビジネスは交換取引だと思っていますので、できる限り、交換相手と直接丁寧に取引をしたいタイプです。

大衆人気はあてにならない

じゃぁ、人気のある商品、サービス、会社は多くの人に支持されているのだから、正しいよね?本物だよね?と思いがちですが、私は人気というものはかなり曖昧でいい加減なものだと思っています。

  • 目立つ→多くの人の目に止まる→人気
  • 権力者に推される→露出→多くの人の目に止まる→人気

というケースが多いからです。

人気がでるにはとにかく多くの人の目にふれる機会を増やす、ことだけが重要です。

印象に残るにはひたすら露出、露出、露出!!です。そうでないと、膨大な情報に埋もれてしまい、人の関心を維持できるだけの愛着を抱いてもらうことが難しいと感じます。

内容とかはあまり関係ないのです。10年、20年と人気を維持しているなら本物だと思いますが、数年単位で人気が出ても、気まぐれで当てにならない評価も多いため、いいものだから人気なんだ!とは思えないです。

目立ったから(露出したから)人気なんだ、なら納得しますが。

まとめ

つまり人の評価はあてにならない。でも評価されたいなら媚びを売ることは有効だし、目立つことも有効。そういう手を使うのは賢いと思うし、ずるいことだとは思わない。

媚びというと印象が悪いですね。気遣いともいえます。

でもそれが嫌な人(上司に媚び売る気遣いするのなんて面倒くさい、むしろ殴りたい)という人は、お客さんと直接取引するようなビジネススタイルも採用してみるといいかもしれません。

人それぞれですが、上司に評価されなければ稼げない、生きていけないということはありません。今の時代、ビジネスのスタイルのバリエーションは沢山あります。

フワフワした人事評価よりも、リピートされるかされないか、という結果のほうが重要だし、次への戦略が取りやすいと感じます。

www.nomado67.com

www.nomado67.com