さんじょーのブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじょーのブログ

ノマドワーカーの雑多なブログです。

スポンサードリンク

切羽詰まった状況の時は体育会系メソッドを実践すれば突破できる可能性大【怠け者でも大丈夫!】

どうも。スポ根、スパルタ、チームワークというワードが死ぬ程嫌いな三条です(´-∀-`)

昔から体育会系のしごきやジョギング系の活動が嫌いで、部活も体育会系は全力で避け、幽霊部員黙認のリベラルな団体に所属していました。

f:id:nomado67:20170409184031j:plain

縦列に並んでジョギングをしている団体の後ろについて「アフラーックε( °⊝°)э」とこっそりギャグったりしていた程、体育会系の行動に意味を見いだせずにいました。

 

しかし、そんな私でも体育会系精神の偉大さ、価値を認めざる得ない時があります。

それは切羽詰まって追い詰められた状況の時です。

突破力が必要な時は体育会系メソッドが頼りになる

何か突破しなければいけない課題や壁があり、なかなか突破できず、もう後がない!というような時は迷わず体育会系メソッドを実践するようにしています。

体育会系メソッドの特徴

  1. 徹底した集中力
  2. 反復練習
  3. 継続時間

だと思います。中途半端に休み休みやるのではなく、倒れるか、倒れる一歩手前位まで徹底的にやるべきことをやり続けます。

それ位徹底しやりきると、これまでなかなか突破できなかった壁を突破できることが多いです。

怠け者でもできる!むしろ怠け者こそベストな状況で始められる

ここぞ!という時だけの虎の子技なので、怠け者タイプでも大丈夫です。

むしろ普段怠け者タイプの人のほうが、気分に流されてズルズルと課題を先延ばしにした結果、とんでもない事態に追い詰められていることが多いので向いています。

やはり余裕があると、徹底したメソッドを実践するのは難しいですからね。

メソッドを成功させるコツ

私が体育会系メソッドをやりきるために気を付けていることは以下の点です。

気分はガン無視:とにかくやる

今日は色々ありすぎて頭が混乱してる、なんか悲しくてやる気でない(;ω;)オセンチモード・・気分によってやる気が起こらず、結局やらずじまいになる日は多々あると思います。

しかし体育会系メソッド実践中は、自分の気持ち、精神状態はガン無視していいです。

すべての感情、感覚を無視し、ひたすらやるべきことを反復するのみです。

そうすればだんだん脳もノッてきますし、のってこなくても習慣化してくるので時間がたつごとに苦痛を感じにくくなります。

夢の中でも反復練習をしている光景が見える位、やめずにやり続けることが重要だと思います。 

状況、環境はガン無視!何が起きても関係ねぇ!( ゚Д゚)

邪魔が入ったり、思わぬハプニング的なことが起きて、気持ちがかき乱されたり、中断せざる得ない状況になることもあります。

しかし邪魔が去った後は、何事もなかったかのようにひたすら元の作業に戻り、反復練習を続けます。ベストな環境が整うまで待っていたら、いつになってもやりきることはできません。

人間関係の付き合いも徹底的に控えたほうがいいでしょう。孤独こそ最大のアドバンテージです。

何があっても、メソッド第一優先で、他のことはどうでもいい、と捉えることが重要です。

体調が悪くてもガン無視!

体調が悪い時、イマイチの時は一休みしたくなります。

特に体育会系メソッドの実践中は普段とのギャップに身体もびっくりしてしまい体調が悪くなることは多いです。

しかし、余程の緊急事態でない限り、体調の悪さは無視してとにかくやり続けたほうがいいです。やりきってベッドに倒れ込む、位の勢いが丁度いいです。

徹夜でやり続け、意識がモウロウとしてくる位が覚醒時ですね。

結果を期待しない、やる気を出さない

さぁやろう!と無理に意志力を発揮すると余計に疲れて長く続けるのが苦痛になります。

あまり感情を込めず「とにかくやってればいい」位のフラットな感覚で反復訓練するのがよろしいと思います。

結果はまだか!?と期待すると焦るので、とにかくやればいい、脳内はそれだけでOKです。自分が人間だということも忘れて構いません。「ただ反復する存在」それで十分です。

まとめ

体育会系メソッドは短期集中作戦が有効なので、長期的な方法としては私は取り入れません。

しかし、やるべきことがあるのになかなか集中できない時、つい気分や状況に流されて中断してしまい、結果を出さなければいけないのに出せないでいる時の突破法としてかなりオススメです。

 

団結の輪とか、根性を鍛える!などという大義ではやる気になれませんが、自分の目標や課題の突破のため!なら積極的に取り入れるのに抵抗がありません。

課題を突破できない原因は中途半端に続けているから?

これまでどれもイマイチの結果、なかなか課題をクリアできない、という場合は、やり方が中途半端で徹底できていなかったのが原因かもしれません。

普段怠け者でも数日、数週間と期間を決めてやればやりきることができます。

 

むしろ中途半端な感じでやり続けて結果が出せないことを防ぐために、ギリギリまで怠けて「ヤバい!<( 〇皿〇;)>もう本気で後がない!!」位の状況を作りだしてから行うのもいいと思います。

 

夏休みの宿題を8月31日まで放置していたような強者タイプこそ、存分に体育会系メソッドの効果を享受できます。

☆ちなみに適度な運動は精神的にもいいので好きです。歯を食いしばるレベルの運動は日常生活にあえて取り入れる意味を見出せません。