さんじょーのブログ

さんじょーのブログ

ノマドワーカーの雑多なブログです。

スポンサードリンク

女性専用車「逆差別問題」は、男性専用車両も作れば即解決する。

随分前から、度々話題になる女性優遇措置による、一部の男性達からの逆差別の訴え。

特に朝のラッシュ時に、女性専用車両を設けることに反発している人達がいるようです。

結論から先に言うと、この問題は男性専用車両を設ければ即解決すると思います。

f:id:nomado67:20180519205934j:plain

男性専用車両があれば、差別だと訴えようがないですし、今後も逆差別云々の意見は黙殺できます。

鉄道会社の意図が伝わっていない

本来、鉄道会社の意図としては、朝の異常な密集状態になる車両で、

  1. 痴漢などから女性を守るため
  2. 痴漢などの冤罪被害に遭わないよう男性を守るため

という女性と男性、両方に配慮するトラブル防止措置として設けられたものだと思います。

女性を優先しよう、男性を全員犯罪者とみなす、という意味の措置ではありません。

時間帯も終日ではなく、混雑するラッシュ時間限定ですよね。

日本の都会のラッシュ車両の密集具合は、世界文化遺産に登録してもいい位、レアな光景です。

あの位密集していて、犯罪が起きない方がおかしいと思いますし、日本だからまだ何とか利用できているレベルだと思います。(実際インドなどの超満員電車には女性は乗れません)

鉄道会社が措置を講じるのは、当然の配慮だと思います。

 

そもそも逆差別と性差別を混同しています。(性差別はジェンダー規範による役割の押し付けや、権利の剥奪を指します)

 

ただ、それらの意図が伝わらず、逆差別だ!と訴える人はいつまでも消えないでしょう。

男性専用車両を作ってしまうことで、この手のクレームに対処する鉄道会社の社員さんの手間を軽減できます。

「逆差別だ!(゚Д゚)ノ」 

「男性専用車両をどうぞ(・∀・)p」 

と言えばいいだけです。

 男性が冤罪を完全に防げないのは不公平

また、女性が完全に痴漢を避けられる女性専用車を使用できるのに対し、男性は完全に冤罪を防げる車両を選べない、というのは確かに不公平だと思います。(逆差別という定義ではなく、ただの差別ですが)

示談金目的で冤罪を仕掛けてくる悪質な女も、残念ながら存在します。

また、逆痴漢やストーカー女に悩まされる男性も守らなければなりませんヽ(・`д・´)ノ✧ (私達のイケメンを護りましょう!)

 

ベビーカー専用車両を作ってもいい

他にもベビーカー問題などに対処するために、混雑する時間帯のみ、ベビーカー専用車を作ってしまうのも手です。

実際にマナーの悪い親がいるのも事実ですし、かといってベビーカーをいちいち畳まなければいけないママさんも大変です。

全体の内のたった数両(1両でもいい)です。

専用車にした所で、大した不都合もありません。

密集した環境での建設的な対処法は「整理」

こういう密集した場所では、わける(整理する)ことで大抵の問題は解決します。

個人のマナー意識は向上するに越したことはありませんが、全員が個人レベルで実践するのは難しいと思います。

喫煙問題も、行政レベルで規定を定め、喫煙スペースを設けたから解決するのであって、個人レベルで「タバコを人の隣で吸うのはマナー違反!」と叫んだ所で、全員が対処するとは思えません。

 

地方のような、人がまばらな所では問題にすらないないことだと思いますが、都会はとにかく人が密集しています。

密集した場所には、その環境に適応した対処法が必要だと思いますし、感情論だけではなかなか解決できないと思います。

お店のレディースディは営業戦略

またお店のレディースディ等の女性優遇サービスにも逆差別だ!という男性もいますが、あれはお店の営利目的のマーケティング戦略であり、差別でも何でもありません。

  • 女性達が集まった方が、男性客も増える
  • ママ友(女子会)グループが団体で利用してれた方が、売り上げが上がる

という経営戦略です。

最近はレディースディをやめるお店も増えてきました。(クレームがきたのでしょうね。。)

私はせっかく利益になっているのだから、別の日に男性優遇デー(どうでもいい時間帯に)を設けて続ければいいのにな、と思います。

差別が問題になるは権利の剥奪が起こる時

差別問題は確かに深刻ですし、改善しなければならない課題です。

しかし、目的の意図を誤解した検討違いなクレームは、対処するよりも、クレーム対象者もファーストし、クレームの余地を与えないようにするのが一番効率的な対処法だと思います。

差別が問題になるのは、差別により権利を侵害されたり、損害を受ける場合です。

「おまえは○○だからダメ!○○の人は我慢するのが当たり前!」というカテゴリーわけした権利の剥奪は、苦しみと憎しみを生み、争いやトラブルを招きます。

実際に過度の白人ファースト、レディーファーストの国程、ファースト対象者への暴力が起きています。

 

日本はそれほどレディーファーストの国ではありませんし、逆差別と騒ぐ程の権利の剥奪はされていないと感じます。(慰謝料等、男性の負担が重いのは、性別による基準ではなく収入による基準です。女性でも収入が多ければ、男性側への慰謝料負担は重くなります)

私は、子どもやお年寄りへの過度のファーストの方が問題だと思いますね。

人権を尊重することと、特権的地位を与えて、我がまま放題にさせてしまうことは違いますから。

まとめ

クレーム処理問題は、黙殺できる環境作りで、解決できることが本当に多いです。

精神論や感情論で曖昧にせずに、建設的な対処法をサクサクとれる、スマートな社会になれるといいですね。