さんじょーのブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじょーのブログ

ノマドワーカーの雑多なブログです。

スポンサードリンク

ブルーベリーの14倍のポリフェノール!クッキリンを購入しました。感想など。【パソコン、スマホ作業の目の疲れ対策】

疲れ目対策、効率化ツール 便利グッズ 美容、ダイエット

4年以上悩まされている目の疲れ、視力低下、ドライアイ、充血

以前から何度も書いていますが、今の私の健康上の一番の悩みは眼精疲労と視力低下です。

もともと近眼気味で、目が疲れやすかったのですが、ライターのお仕事を始めてから加速度的に視力の低下がすすみ、眼精疲労による充血、ドライアイが治らなくなりました。

クッキリン

↑写真ではわかり辛いですが実際はもっとクッキリ血管が浮き出ています。パソコン作業後は目のクマも3倍増しになり、まぶたが下がり、あまり開かなくなります。(グロくてすいません(;´д`))

眼科の先生には目薬を適度に指し、パソコンやスマートフォンの使用時間を短くするか、休憩をはさむこと、と言われています。

しかし、それでもやはり一日の終わりになると目がショボショボ(3ω3)視界がかすんできてしまいます。

疲れ目対策アイテムはほとんど実践、採用してきた

眼精疲労については同じように悩んでいる人はとても多いと思います。

私はこれまで、パソコン作業、スマホ作業時に画面から発せられるブルーライトをカットするサングラス、グッズなどをご紹介してきました。 

www.nomado67.com

パソコンから発せられるブルーライト、近赤外線は、紫外線と比べて、目の奥の深い部分(網膜の奥)まで一瞬で届いてしまい、細胞にダメージを与えると言われています。

しかもそのダメージはブルーライト、近赤外線ともにじわりじわりと時間をかけてダメージを与えるそうです。(ブルーライトや近赤外線の場合、一度ダメージを受けた細胞が回復するまでに3日かかるとか。紫外線はもっと早く回復するそうです。)

 現代人の疲れ目の原因は有害光線?

つまり本などの読書以外、テレビ、ゲーム機、スマホ、パソコンなど発光する画面を凝視し続けることによる目の疲れは、大部分が光による目の細胞へのダメージだと解釈していいと思います。

私も内側からの疲れ目対策には、今までかなりお金を投じてきました。

ブルーベリーのサプリメントは色々なメーカーのものを試しまくりましたし、ルテインやアサイーなども試しました。

ブルーベリーのサプリメントも飲み始めた数日は、なんとなく、目の疲れ減ってきたかな?視力が安定してきたかな?と思えるのですが、一カ月もすると飲んでも飲まなくてもあまり変わらない。。。?という微妙な状態が続き、サプリメント自体、飲むことをやめてしまいました。

ブルーベリーよりもマキベリーのほうが強力、アントシアニン含有量が圧倒的

今回購入したクッキリンは疲れ目対策のサプリメントですが、主力となる成分にマキベリーが使用されています。

眼精疲労サプリメント

マキベリーとは?

マキベリーは比較的最近注目されてきた成分で、ポリフェノール(アントシアニン)が非常に豊富なフルーツです。希少性が高く、栽培が難しい品種のためスーパーフルーツとも呼ばれています。

このマキベリーのすごい所は、有害な光から細胞を守る抗酸化成分、ポリフェノールの含有量が他のフルーツと比較にならない位豊富に含まれていることです。

マキベリーと他のフルーツのポリフェノール量の比較

  • ブルーベリーの14倍
  • アサイーの5.4倍

です。アサイーも抗酸化力のすごさから、アセロラなど、従来の抗酸化フルーツを超えたスーパーフルーツとして人気ですよね。

アサイーを積極的に摂取している人は、健康や美容にこだわりのある人が多いかと思います。(お値段もそこそこしますしね(;´д`))

そのアサイーの5.4倍なので、今のところアントシアニン系では最強レベルといっていいと思います。

実際アメリカではマキベリーが、ネクストアサイーと呼ばれているそうです。

ポリフェノール、アントシアニンって何?(;´・ω・)

ポリフェノールとはビタミンや各種ミネラルが豊富に含まれた成分の一種です。

特に、青紫色のアントシアニンという成分が豊富に含まれています。

アントシアニンは植物自身が有害な光などから身を守るために備えた成分で、有害な光のダメージに立ち向かう(紫の成分が身代わりになってくる)成分です。

それ以外にも、視力の機能を改善する効果や花粉症の症状改善にも期待されていて、多くのサプリメントや健康補助食品にも使用されています。

一般的に販売されている種類が多いものは、やはりブルーベリーですね。その他にも、不老長寿遺伝子の活性化が期待される、レスベラトロールなどにも多くのポリフェノールが配合されています。 

www.nomado67.com

そのポリフェノールの含有量が頭ひとつ抜けて多いのが、今注目されているマキベリーです。

アサイーと同じく、今後色々なタイプのマキベリー食品が、美容、健康補助食品として店頭に並んでくると思います。(お値段はそこそこするかもしれませんが(;´д`))

今回は比較的安価で続けられそうだったので、クッキリンを試してみました。 

疲れ目サプリ

【マキベリーサプリ『クッキリン』】

クッキリンを飲んだ(食べた)感想

クッキリンを飲み(食べ)始めて、ちょうど一カ月が過ぎました。クッキリを飲んだ感想と効果について書きます。

飲み心地、味

水で飲みこんでも、噛んで食べてもOKになっています。

味はベリー系の甘酸っぱい味でとてもおいしいです。フルーツを食べられない日など、ビタミン補給に自然と手を伸ばしたくなる味。

甘味料はステビアを使用しているので、寝る前に噛んで食べても虫歯リスクは心配なさそうです。昼食後、就寝前、小腹が空いた時にポリポリと食べています(´・ω(・)一日4粒~9粒摂取が目安。

パッケージ、内容量

個別包装ではなく一カ月分まとめて袋に入っています。袋自体は平たく市販のサプリメントによくある平均的なサイズです。

一カ月で飲み切りなので腐ることや、しけることはないと思います。

ただ外出先で飲むには、個別にサプリケース等に入れて持ち歩いたほうがかさばらなくていいかもしれません。

クッキリンの価格

  • 一回のみの注文 2300円
  • 定期コース(毎月一袋)での購入 2070円

スーパーフルーツですが、価格は他の抗酸化系サプリメントとあまり変わらず良心的だと思います。ブルーベリーのみでも1000円~1500円位するものが多いですしね。

定期コースのほうが若干安くなっています。定期コースの場合送料(270円)が無料になるので実質は500円位安くなります。

私は今後も疲れ目、美容ケアとして続けていきたいので定期コースで続けていくつもりです。

クッキリンの効果、感想

特に飲み始めた翌日、二週間後に効果を実感しました。

飲み始めた翌日は、いつものようにパソコンがっつり、スマホ凝視という目の酷使生活をしていたのですが、目のショボショボ感をあまり感じない、起きた時、目がスッキリしている感覚をハッキリを感じました。

f:id:nomado67:20161113152605j:plain

これは、「昨日飲んだクッキリが効いてる!?マキベリーすご―(゚∀゚*)―い!!」という感じだったのですが「もしかしたら初めて飲んだので単なるプラシーボ効果なのかもしれない(´-ω-`)」(他のサプリでも始めだけ効いたような気がしたことはあった)ので、もう少し飲み続けて様子を見よう、と思いました。

 

毎日飲む(食べる)ことが自然と習慣になって、飲んでいることを特に意識しなくなった2週間後位から、やはり目のショボショボ感、目の奥の痛みがかなり和らいできたことを実感しました。

たまに夜中に真っ暗な部屋でスマホを長時間いじり続けるという愚行をしてしまうこともありましたが、罪滅ぼしのようにクッキリンを4粒程食べて眠ると、翌朝目がスッキリ回復しているのを感じました。

(前なら翌朝、ひどい目の痛み、妖怪顔とご対面~(◎)д(◎;)が待っていた)

☆スマホを真っ暗な部屋でやり続けること自体、本当にやめたほうがいいです。目にものすごく負担をかけますし、視力低下に繋がります(´ω`)←おまえが言うな。

 

最近は適度にパソコンもスマホも使用していますが、目の痛みも感じなくなり、とてもいい感じです。視界、スッキリン(・∀・)という感じですね。

f:id:nomado67:20161113154740p:plain

まとめ

ブルーベリー系サプリメントでは、効果を感じられなくなった、眼精疲労末期の方、日ごろから目を酷使しているデスクワーカーの方、紫外線の強い場所で、サングラスをあかけずに長時間働いている方におすすめです。

マキベリー

ちなみにサングラスも普通のサングラスではブルーライト、近赤外線までは防げませんので、高機能サングラスを使用したほうがいいと思います↓ 

www.nomado67.com

サングラスをしても白内障にかかる人が減らないのは、近赤外線をカットできていないからでは?とも言われているそうです。

また目が疲れてくると、脳にストレスがかかり、顔全体をくすませてしまうそうです。

スキンケアやイオン導入などをしてもくすみが改善されない場合、目を酷使しすぎていないか?を気を付けてみると、解決策が見つかるかもしれませんね(´・ω・)

f:id:nomado67:20161113152536j:plain

公式サイト⇒クッキリン