さんじょーのブログ

さんじょーのブログ

ノマドワーカーの雑多なブログです。

スポンサードリンク

これまで書いたオピニオン系記事でアクセスの多かった悩み別まとめ

アクセスの多かったオピニオン系記事ランキング

このブログは美容系の記事+オピニオン系の記事が半々位になるようなバランスで書いています。

ブログを書き始めて2年4カ月。オピニオン系の記事も結構な記事数になってきたので、ここら辺で少しまとめてみたいと思います。

基本的にこういう記事は、何かその記事の題名に関連する悩みを抱えていらっしゃる方が検索を通してアクセスしてくださることが多いです。

つまり入り口が「悩み」なのです。そのため、悩みのジャンル別にアクセスの多かった記事を選抜し、まとめてみます(´・ω・)

共依存、毒親等の悩み

www.nomado67.com

 閉塞感の打破

www.nomado67.com

 コンプレックス、自信、偏見等の悩み

www.nomado67.com

  

www.nomado67.com

トラブルを未然に防ぎたい人向け

www.nomado67.com

老後が心配で仕方のない人向け  

www.nomado67.com

個人的に切実な願望  

www.nomado67.com

 職場環境が合わない、やめたい人向け

www.nomado67.com

 貧困問題を考えたい人向け

www.nomado67.com

 学校が嫌いな人向け

www.nomado67.com

 セルフヒーリング、自分と向き合いたい人向け

www.nomado67.com

 

www.nomado67.com

 

マスコミが嫌いな人向け  

www.nomado67.com

おしゃ糞にブチ切れ寸前な人向け

www.nomado67.com

 トラブルメーカーを避けたい人向け

www.nomado67.com

 品格を身に着けたい人向け

www.nomado67.com

 

女性差別問題に悩む女性、女性差別問題にビビる男性向け

www.nomado67.com

 

 政治について考えたい人向け

www.nomado67.com

 不器用な人の人生戦略

www.nomado67.com

 大切な人を励ます方法

www.nomado67.com

 集団主義が大嫌いな人向け

www.nomado67.com

常識を批判したいわけではない

こういうことを書くのは単に、常識に捉われたくないから、尖った意見の方がかっこいいから、という中二病的な理由で書いているつもりはありません。

保守的なスタンスを信じる人にとっては不快かもしれませんし、年配のご先輩方にとっては「経験不足の未熟者が何を言っているのか、間違っている!(-公-)」と思われるかもしれません。

何が正しいのか、正しくないのか、私にはわかりません。

ただ、新しい提案をしたいだけです。

選択肢を増やしたいだけです。

正しいことが固定されていたら進化できない

正しい、間違っているという基準だけで人が納得できるなら、正しいとされきたことが永遠に固定され、世界はそのまま、変化しないまま続いてきたはずです。

正しいとされてきた従来の常識では、幸せになれない、不都合が生じる、という理由があったから、世界は変化してきたのではないでしょうか。

f:id:nomado67:20180221112707j:plain

私は人々の真意は言葉よりも行動に表れると思っています。

言葉よりも行動の方が正直です。

その常識枠を採用したいという需要がなければ、自然とそんな常識はすたれていきますし、新しい選択肢が提示されれば、人々は徐々にそれを受け入れます。

選択肢が用意されなければ、我慢し、自分を押し殺して従うか、鬱や自殺という手段で抵抗するしかなくなります。

そういう社会は、どんなに技術的に進化しても、私は不幸だと思います。

正しいこと、~あるべきこと、に固執するあまり、ジャッジに夢中で、人間が置き去りにされるのは本末転倒ですし、後進的な態度だと感じます。

感情論は不毛

正しいこと、間違っていることにこだわる「~べき論」の好きな人達は、個人攻撃をしがちです。

あるべき枠に個人が収まるように圧力をかけることで、解決しようする傾向が強いです。

一方、新しい提案は、個人攻撃よりも、社会システムや価値観の改善に重きを置くため、個人攻撃になることが少ないです。

個人を変えようといくら試みても、自分と同じように相手にも心があります。

容易に他人に服従したがる人は少ないでしょうし、結局お互いを批判し合うような不毛な感情論で終わりがちです。

 

 現代民主主義は、人々を決められた常識という枠にはめて管理するのではなく、人々が自ら枠を自由に創造する時代です。

正しい、正しくない、~べきという義務的で主体性のない態度では、進化できないし、幸福な社会にはならないと思います。

みんながみんな幸せでいられるような政治システムを、なんてことは求めません(何に幸せを感じるかは人それぞれですし)

ただ、社会の中で理不尽に搾取されたり、偏見や差別を受けることがない社会システムを目指して改善させていく工夫は必要だと思います。

まとめ

学生時代、とても尊敬していた先生にこう言われました。

「マトモと無知は紙一重だよ。例えみんなと意見が違っても、自分で考えられる人になりなさい。それが大人だ。」

もともと私は自分の意見がなく、意思も弱く(頑固でしたが)「周囲の人は私よりも賢い人だろうから、それが正しいんだろうな(´д`)」とぼんやりと思っていました。

しかし、色々な人の言葉や行動を見て、自分の経験と知識を通して、さまざまな見方を学ぶにつれ、マトモとは常識を疑わない姿勢であり、新しいものを無条件に拒否する姿勢であり、無知蒙昧な態度だ、と思うようになりました。

 

そもそも「マトモな人」という基準自体、どこにあるのかわかりません。

マトモな社会人、マトモな親、マトモな学生・・「マトモ」って誰かが誰かを従わせたいために作りだしたその人にとって都合のいい枠なのかもしれませんね。

 

というわけで今後も、ナマイキと思われるかもしれませんが、私は自分の言いたいことをブログを通して残しておくつもりです。

書いて、何者かになりたい、という出世欲のようなものは皆無ですが、心の中だけでしまっておくにはもったいないな、と思う考えはどんどん公開していきたいです。

言いたいことを言い尽くしたら、動物の写真でもUPしながら、ゆる~く続けていきます(・ω・)

 

いつもみなさまの貴重なお時間と視力を、このブログに費やしてくださり、ありがとうございます(。´人`。) 感謝

ブログは特定の相手と一対一でコミュニケートできる媒体ではないため、どうしても一方通行で押し付けがましい表現になりがちです。(相手によって言葉や態度を調節できない)

イラッとする内容もあるかもしれません。不快なお気持ちにさせてしまうこともあるかもしれませんm(__)m

しかし、みなさまのストレスにならないのならば、今後も隙間時間に、気軽に覗いてくだされば幸いです☆彡