さんじょーのブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじょーのブログ

ノマドワーカーの雑多なブログです。

スポンサードリンク

「わがまま、甘え」と「人格攻撃」をはき違えると人間関係は破綻する

ぼやき、どうでもいい話

わがままはいいけれど人格攻撃はダメ

人間関係において、甘えること、わがままになることと、相手を攻撃することを履き違えると大変なことになると思います。


例えば相手に「○○して?」と自分の要求を伝えることはわがままかもしれませんが、アリです。でもそこでもし相手が断った後「なんでしてくれないの!?心が狭い!優しさが足りない!」などと人格攻撃をしかけるのは完全にNGです。

人格攻撃

感情を伝えられるだけなら相手の問題の範疇なので反発は起きませんが、自分を攻撃されている、批判されているという状態はどんな人でも反感を覚えます。

人格攻撃は相手との関係を歪ませる

最初は我慢して聞いていても、だんだんと相手の利己主義の臭いがしみついた言葉の数々が心の中に負の貯金として積みあがっていきます。

次第に関係はぎくしゃくし、お互いに思いやりのある言葉を選ばなくなり、感謝もなくなり、関係は歪んでしまうでしょう。

そういう関係になる前に、自分の要求を伝えるつもりが相手を人格攻撃してこなかったか?と気をつけてみたほうがいいと思います。

プライドの高さが攻撃的な言葉にすり替わる

例えば、『最近構ってくれなくて寂しい(´_`)』⇒「仕事ばっかり!思いやりがない!( `Α´)ノ」

と相手を避難するのではなく、素直に「寂しい」と伝えればいいのです。

意見が食い違ったとき、相手が理解してくれなかった時、「あんたの考え方は間違ってる!そんなんだから○○なんだ!( `Α´)ノ」

などと相手を攻撃する前に、「○○に理解してもらえなくて悲しい(´_`)」と伝えてみればいいのです。

その結果相手がどう動くかはわかりません。たとえこちらが望むように動いてくれなかったとしても相手を攻撃することは絶対にやめたほうがいいです。

どんな関係でも、誰でも、相手に好かれるために生きているわけじゃないから。


人間関係が壊れてしまっている人たちをみると、たいてい互いに人格攻撃の報復合戦をしているケースが多いです。

家族の場合

そんなに気に食わないなら離れればいいのに・・といつも思いますが家族などなかなか離れられない場合もありますよね。

ですのでそのような近い関係である程、人格攻撃を仕掛けてしまわないよう十分すぎる程注意する必要があるのです。

家族に自分のルールを押し付けることも人格攻撃

例えば一緒に暮らしていて、相手のちょっとした癖や生活スタイルにいちいちめくじらをたてて小言を言う、なども人格攻撃に含まれます。

一緒に暮らしているなら、相手にもペースがあるのですから、自分のルールや心地よさを押しつけるのは論外です。

私は家は「安心できる場所」であるべきだと思っています。外で辛いことがあっても、家ではゆっくりとくつろげる、誰にも非難されない場所・・家はそんな場所であってほしいです。

外で戦い、家でも非難され・・では癒される場所がなく、疲れきってしまいます。他の場所に居場所を求めたくなります。


神経質で心の狭い人は、共同で生活している人に息の詰まる思いをさせてしまっていないか特に注意してみたほうがいいです。

自分はキチンとしていて立派だ、と自分の正しさを支持することよりも、身近な人に息苦しい思いをさせていなかどうか、のほうに価値をおいたほうがいいです。

自分に優しく、人にも優しく

私は相手に献身的に尽くしたりはまずしませんが(自分が疲れるので)、親しい人、大切な人のことは本人の前で全肯定します。

例えば相手が「自分って本当にかわいい(カッコイイ)から~(´∀`)」などと言ったらすかさず、「確かに○○はかわいい(カッコイイ)!○○は世界一最高だよね!(・`д・´)」と本気で言います。

相手に「今、つっこむ所でしょ!(;´д`)」と逆ツッコミされますが。

 

一生の内で本当に親しくなれる人、大切だと感じられる人って限られていると思います。だからそういう人と出会えた時は、素直になったほうがいいです。

わがままでもいいから、自分の気持ちを素直に伝えたほうがいいです。

相手に尽くすことよりも、相手の価値を尊重してあげることのほうが大切だと思います。

関係ない他人の評価は気にしない

また周囲の人のあてにならない評価や噂は無視して、自分がいいと思う相手ならどんどん肯定していったほうがいいいと思います。

私は好きな人以外には結構冷たい(社交辞令程度に愛想はよくしますが、接近してきたら無視します)ですが、自分が大切に思う人は他の誰がなんと言おうと最高だ!って思っているし、味方でいたいです。

ただし、そういう大切な人でも、人格攻撃や支配が始まると関係は歪み、壊れてしまうと思います。

引き金を意識しておくだけで予防効果はある

もし余裕がなくて、ついうっかり親しい相手にそういう態度をとってしまった場合は、早めに謝罪し、態度をあらためたほうがいいです。

関係がギスギスして感謝がなくなる前にどちらかが必ず人格攻撃を仕掛けているはずです。

人は自分を避難され続けて、正常な状態を保ち続けることはできません。親しい人は自分のことをよく知っている分、裏切られたという気持ちが大きくなりやすいです。

全く傷つけ合わない関係など不可能ですが、言葉を少し気をつけてみる、言わないほうがいい言葉を自分から投げつけてしまわないよう意識してみる。それだけで歪みにくい関係を築きやすいのではないでしょうか。


わがままや甘えと、攻撃、支配の違いをしっかり把握しておくことは有益だと感じます。

www.nomado67.com