さんじょーのブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじょーのブログ

ノマドワーカーの雑多なブログです。

スポンサードリンク

近赤外線も防げるPOLAの日焼け止めを購入する際の注意点【近赤外線カットはB.A プロテクターだけ】

美容、ダイエット

最近どのメーカーでもUVカット商品に力を入れていますが、ほとんどの化粧品は紫外線を防ぐ(A派とB派)役割までのものですね。

もちろん、これまでの感覚なら紫外線だけ防げれば十分、という気持ちでいられたのですが、近年、近赤外線という新たな波長をもつ光が肌に深刻なダメージを与えることを知ってしまいました。

近赤外線が肌や目に与えるダメージは紫外線以上!

近赤外線は、紫外線よりも波長が長く、降り注ぐ量も大量。サングラスをしても白内障になる人が減らないのも近赤外線をカットできていなかったから、とも言われています。

肌への影響も大きく、肌のより深部、筋肉組織の部分まで瞬時に到達し、筋肉組織を破壊したり、細胞を傷つけてしまうそうです。

近赤外線

↑この図のさらに下の部分が筋肉組織です。通常の紫外線、UVa派などは真皮部分までのダメージだと言われてますね。

特に敏感肌などで肌がもともと薄い人は、ダメージをよりダイレクトに受けやすいので、炎天下の下で長時間過ごす時などは、しっかりと対策を行った方が安心です。

近赤外線は通常の日焼け止めやミネラルファンデーション、パウダーファンデーションなどでは防げません。

そのため↓のようなサングラスを活用し、目の周囲は守れるのですが、顔全体は布でも被せない限り難しいです。

www.nomado67.com

国内(海外は知らない)で、近赤外線もブロックする日焼け止めを出しているのはPOLAです。

色々なシリーズが出ていて、どれが近赤外線を防ぐシリーズなのかわかり辛い(目立つように書いていない)のですが、近赤外線を防ぐシリーズはB.A プロテクターというシリーズです。

B.A プロテクターの日焼け止めは近赤外線をカットできる

ただし、似たような名称で、RED B.Aという赤いパッケージのシリーズがありますが、そちらはスキンケアラインでハリやくすみのケア目的のシリーズです。近赤外線カット効果はありません。

通販日焼け止め

黒いパッケージ(現時点でのデザイン)のB.A プロテクター(ベースメイク商品)のみカット効果があります。

POLA

近赤外線をカットする日焼け止めだけ探している!という方は、BAシリーズの黒いベースメイクライン、B.A プロテクターを選びましょう。

お値段は11880円と少々お高めですね。他のシリーズの日焼け止めが7000円台なのに比べるとリッチですが、紫外線も近赤外線も防ぎたい!という方にはオススメです。

公式サイト⇒ポーラ

近赤外線を効率的に防ぐ過ごし方、肌ダメージを防ぐ方法のコツ

普段はミネラルファンデーションなどで軽めにUV対策をし、炎天下で長時間肌をさらす日のみ使用する、というのもアリだと思います。

近赤外線のダメージはじわじわと数日間かけて影響が出てくるため、紫外線B派などと比べて回復に時間がかかるそうです。

あらかじめ焼けない、ブロックすること、少しの手間で肌の美しさ、健康を守れると思います(´・ω・)真夏の海などは「行かないこと」が一番の防衛策ですが。

ほてる、熱を持つ感覚が近赤外線到達のサイン

近赤外線は、曇りの空の下よりも、日陰の場所のほうが降り注ぐ量が減るそうです。

近赤外線を浴びているな、と感じられるわかりやすいサインは、熱を感じることです。

顔がほてったり、熱を持っていると感じる時は、近赤外線が肌に到達しているサインです。赤外線なのでじんわ~り熱いのですね。

窓用UVカットフィルムでも近赤外線を防げるものはほとんどありません。探し回った結果唯一見つけたのはコチラ↓

通常のUVカットシートやUVカットレースカーテンでは防げないので、どうしても防ぎたい場合は、近赤外線もカットできるフィルムを貼るか、ブラインドやすだれ等を利用するのが一番だと思います。

www.nomado67.com

顔にはサングラス、近赤外線カットの日焼け止めを塗り、秋冬もしっかり美肌を維持していきたいですね(´・ω・)q

www.nomado67.com