さんじょーのブログ

さんじょーのブログ

ノマドワーカーの雑多なブログです。

スポンサードリンク

復縁への執着の原因は、相手への過大評価と視野狭窄。切ない恋と不毛な執着は紙一重。

人の悩みや切望は千差万別ですが、たいていは、

  • 健康
  • 金銭
  • 仕事
  • 人間関係(家庭、親類、友人など)
  • 恋愛

というカテゴリにわけられると思います。

復縁を願う人は多い

その中の恋愛カテゴリの中で、片思いよりも多い印象があるのが「復縁」です。

f:id:nomado67:20180519130735j:plain

一度ラブラブで交際していた時期があり、情もたっぷり移った元恋人、配偶者のことが忘れられない。もう一度やり直したい!という気持ち、わかります。

 

・・・嘘です。

 

実はさっぱり、わかりません(○´д○`)

 

ロジカルでドライな印象になってしまうかもしれませんが、別れたということは、何かしら然るべき理由があって別れたのだと思います。(自然消滅ならそもそも復縁など願いませんよね)

理由があって、そうなったのに、再びその関係に固執する、という心理がいまいちよくわかりません。

それは情や依存心という問題ではなく、視野狭窄が原因なのではないか?と感じています。

復縁に固執する原因は、視野狭窄と過剰評価

つまり、復縁を希望する相手への過大な評価希少価値が原因なのではないでしょうか。

人が特定のもの(またはヒト)じゃなければだめだ!と固執する時は大抵

  1. 対象が並外れて優れている(スペック、自分を癒してくれる力など)
  2. 対象に希少価値がある(競争率が高い)

などの条件がベースとなっています。

つまり、他の比較対象に比べて、特別優れていて、特別希少な、まさにスペシャルな存在なのです。

つまり復縁相手に対し、自分の中で、その人の特別感が実質をかけ離れて過剰に評価されることで、執着が生まれてしまっているのではないでしょうか。

 

「そんなこと言っても、あの人は本当に、本当に、私にとってかけがえのない特別な人なの!!(◎言◎)ソウルメイトなの!!」

と思うかと思います。

しかし、そのような一元論的な世界観の中ですら、過大評価になっている可能性があります。

実際に復縁希望のお相手は確かに素晴らしく魅力的なのだと思います。わざわざ短所を見つけて評価を下げる必要はありません。

 

ただ、もっと広く視野を広げてみると、世の中に魅力的な人って結構いませんか?

もちろん、冴えない人も沢山いますが、かといって魅力的な人が極端に少ないわけでもないと思います。

つまり、

  • この人よりも魅力的な異性は他にいない!
  • この人よりも私を理解してくれる人は他にいない!

という思い込みが視野狭窄であり、他のもっといい選択や出会いへの可能性を閉じてしまい、いつまでも復縁に執着し、苦しい日々を送る元凶になっているのだと思います。

 

もちろん、復縁を願うかどうかは自由ですし、いいも悪いもありません。

ただ、いつまでも復縁に固執し、新しい可能性という範囲まで視野を広げられないのは、逆にもったいなのではないかと感じます。

魅力的な人すべてに、恋人や配偶者がいるわけじゃない

また、魅力的な人はすでに素敵なパートナーがいる、というのも欠乏意識からくる思い込みです。

最近ではシングルを貫くモテる人も増えてますし、離婚率も増加していますよね。

仕事に邁進し、恋愛が後回しになっている男性(女性)や、恋愛以外のことに情熱を注いでいる硬派な男性もいます。(女性も)

復縁だけが幸せ、結婚だけが幸せ!という杓子定規な価値観を捨てて、少し視野を広げてみると、思わぬチャンスを掴めるのかもしれません。

 

復縁を願うかどうかは本当に自由ですし、余計なお世話だと承知の上ですが、

復縁に固執する=その人だけがこの世界で絶対的に優れた異性、という思い込みを持つと過剰な執着となり、苦しいのではないかと思いました。

ドライではなく、視野狭窄から抜け出し、フラットな視点で世界を認識してみることは恋愛においても大事なのではないかと思います

「長すぎる片思い」も視野狭窄の可能性大

まだ片思いの方が先の展開がワクワクするし、切なくも、楽しそうですね。(既婚者は始めから眼中に入れない方がいいです)

しかし、片思いも、4年、5年とずっと片思い・・という心境はいまいち共感できません。

あまりにも長く、一人の人に固執するのも視野狭窄なのではないかと思うからです。

 

まとめ

今回はめずらしく恋愛系の記事を書きましたが、今後もあまり書かないと思います。

私自身、人の恋愛話に全く興味がない故に、私の恋愛話も大抵の人にとって興味がないことだろう、と思うからです。(恋愛自体に興味がないわけではなく、人様の恋愛事情に興味がないだけです)

 

モテ論なども全く興味ないです。現実を見れば、モテテクとはかけ離れた人達でも、素敵な恋人や配偶者をGETしてますから。

そもそも結局はモテるとは、ただの主観に過ぎないと思っています。

  • どういう状態がモテるといえるのか?
  • 複数の異性からアプローチされること?
  • 一人の人に深く愛され続けること?
  • 結婚の段階までいくこと?

どの条件付けがモテることなのか、一つに定義することはできません。人それぞれ、どういう状況に幸せ(価値)を感じるのかが違いますから。

 

なので、モテ本などは、読まない方がいいと思います。

不特定多数ウケを狙うよりも、自分らしさを好きになってくれるお相手を見つけた方が絶対に幸せで安心だと思います。

あと結婚というゴールに固執しすぎるのも、自信のなさや、精神的、経済的依存心が原因となっている場合もあるので、考え方を広げてみるのもいいといいと感じます。

 

「切ない恋」は素敵ですが「不毛な執着」は人を不幸にすると思います。

まずは5日間、お相手の情報を完全にシャットアウトするなど、物理的に距離を置いてみるのも、自分の本心を再確認するのに有効だと思います。