さんじょーのブログ

さんじょーのブログ

ノマドワーカーの雑多なブログです。

スポンサードリンク

収入が低く、社会的信用が弱い人の家選び。シェアすれば大抵の不動産物件に住める。

今日は七夕ですね(^言^)

私は昨年を除いて、ここ数年間、短冊に同じ願い事を書いてきました。

「今年こそ、高級タワーマンションに引っ越せますようにー・・!!」

しかし、今だに叶えられていません。(もちろん家族の健康や世界平和についても書きましたよ(๑´ڡ`๑)←怪)

f:id:nomado67:20170707113045j:plain

私はもともとフリーになる前から、高級タワーマンション暮らしへの強い憧れがありました。

テレビで独身の20代、30代の女性がビジネスで成功し、高級タワーマンションで優雅に暮らししているのを見て「かっこいいな~。いいな~。まじ憧れるわぁ(*´∀`人)♡」と羨望のまなざしで観ていました。

それ以来、高級タワーマンション暮らしへの憧れはどんどん膨らんでいき、毎週高級マンションの前で入居者が出入りするのを観察したり、不動産情報を調べたり、内覧会へ行く(←ほぼ冷やかし)などしてきました。

しかし、今だに住めていません!!

なぜなら、

収入が低いからです!!ガー(〇)д(〇ll)ーン!!

そして社会的信用が弱いからです!!

フリーランスの不動産契約は難しい

私はフリーランスですが、今はフリーランスでもそれなりの収入があれば割と不動産を借りることはできます。

しかしランクを上げて、都内などの高級タワーマンションともなると門前払い状態です。

お話にならないのです。(あるマンションは最低年収が700万円以上は必要だそうです。これでも甘いほうだと思います)

資産があれば別かもしれませんが、資産もなく、信頼できる社会的ステータスもなく、保証人もいない、という状況で高級タワーマンションに住むのは至難の業だと、改めて現実の厳しさを感じています.˚‧º(´ฅωฅ`)º·˚.

f:id:nomado67:20170707113237j:plain

↑ちなみに以前こいう物件に滞在していた時期がありましたが、不便でイマイチでした。外観よりも、住み心地の快適さや景色の良さのほうに惹かれます。

 

「ならそんな分不相応な所に住もうとするな( ̄公 ̄)p」と突っ込まれるのは承知です。

でも、でもっ・・!!

高級タワーマンションに住みたいっ!!住んでみたいっ!!

高級タワーマンションに憧れる理由

  • セキュリティがしっかりしていそう。
  • 騒音などのトラブルが少なそう(特に外の音、人の声)。
  • 虫が侵入してこなそう。
  • 部屋が広くて綺麗そう。
  • とにかくオシャレっぽい。住んでる人も洗練されてそう。
  • わずらわしい町内会や管理組合と無縁そう(賃貸の場合)。
  • 資本主義を謳歌できそう。
  • 便利なサービスやラウンジの利用ができる。

以上、ただのイメージですがそんな所です。

高級マンションのベランダにテーブルを置き、綺麗な景色を眺めながらコーヒーを飲んでまったりできれば至福です.˚‧º(´ฅωฅ`)º·˚.

 すでに理想の家に住んでいる人と部屋をシェアすればいい

 フリーランスで年収がパッとしない自分からすると、高級マンションで1人暮らしをしたくてもハードルがまだまだ高いです。

今までは収入を上げてそのハードルを越えることだけを目指してきました。

しかし最近、新たな選択肢も考えるようになりました。

それはすでに高級マンションに住んでいる人と部屋をシェアさせてもらえばいいじゃないか!!という潜り込み作戦です。

シェアハウスは一般的に浸透。同居=家族、恋人だけではない。

シェアハウスに住んでいる、という人がめずらしくなくなった今、家=必ず一人か家族と住むもの、という概念はなくなってきていますよね。

家族や恋人でなくても、信頼できる友人、知人と部屋をシェアして住むことは決して珍しくないスタイルだと思います。

私の場合、複数人で部屋を借りる一般的なシェアハウスには憧れがないし、向いていません。(とにかく高級感がないと嫌ですっ!人見知りが激しいので人の出入りが激しいのはムリ。)

経済力があり、多忙で、信頼できる人は理想の同居人

同居するなら一人、男女どちらでも構いませんが、できるだけ経済力があり、多忙で、信頼できる人が理想です。

経済力

その理由は、経済力があれば割と広い部屋を借りてそうですし、家賃の折半でも割と割引してくれるんじゃないか?という調子のいい期待があります。

多忙=家にほとんどいない

多忙であれば、ほとんど家にいないわけですし、いない間、自由にリビング等も使用させてもらえます<(´∀`)>~♪

そういう人は忙しくて家事が回らないことが多いので、自宅警備&家事補助(掃除、洗濯、週4日位の夕食作り等)のサポートと引き換えに、家賃を割引してくれればお互いにWinWinな契約になると思います。

★ただし、マンションによっては同居人の契約についても厳しい所があるので要注意。

神経質で完璧主義を押し付ける人は要注意 

私は同居人に対して口うるさい方ではないし、どちらかいうと神経質な人に小言を言われてきた方なので、干渉はしません。

ゴミが散らかってても腹も立たないし、普通に自分がゴミ箱に捨てれば済むことです。掃除も割と好きなのでゴミ屋敷にはしません。

家は基本的に安心できる場所、であることが絶対条件なので、信頼できて、心が広い人が理想です。

同居人で一番リスクなのは、過干渉で完璧主義を押し付けるような白黒思考の神経質な人を暮らし、息が詰まるようなストレスフルな生活になることなので、そこら辺だけは気を付けるべき点かと思います。

男女どちらでも問題ない

同居者は男女どちらでも構いませんが(もちろん性的な関係は一切なし)、とにかく信頼できる人がベストですね。

窃盗や盗聴、盗撮などヤバいことを企む危険性のない、道徳心のある人で、信頼できる人なら何の問題もないです。

また私の場合、人全般が苦手ですが、同性が特に苦手という特殊ケースなので、できれば同居人は大人の(オジサマという意味ではない)男性が理想です。

年齢はあまりこだわりませんが、価値観等のバランスから20代後半~40代位がいいかな、と思っています。

まとめ

まだ実行に移すかも全くの未定で、ただの思い付き計画の段階にすぎません。

しかし、幾度となく、叶わない七夕の願い事を見送ってきて、考え方が少し変わってきました。

単に自分の収入を上げて、高級マンションに住める力をつけるまで待つよりも、すでに住んでいる人の部屋に潜り込むのも手ではないかと、と考えています。

役割分担の「契約」なら人間関係は腐敗しない

フリーランスで不動産選びが難しい人、収入は低いけれど、他の特技(家事やベビーシッター能力等)がある人は、それらを誰かにサポートして欲しいと思っている、経済力やステータスのある人と契約し、部屋をシェアさせてもらう、という選択肢もアリなのではないでしょうか。

 

契約期間は1年、2年単位であらかじめ決め、来客は家に入れない契約など、個人のスタイルに合わせて契約書を交わしておけば混乱も少ないと思います。

ピラミッド型の同居関係からフラット型へ

これからは、同居=家族のみ、というスタイルは古いです。

そして同居=大黒柱が他の人を扶養する、というピラミッド型の関係も古いです。

シェア契約で同居すれば、パワーバランスが崩れることなく、適度な距離感で、

お互いの希望をシェアできる人が増えるのではないでしょうか。

補足:ただの思いつきです。

今回は七夕こんちくしょう!o|`ω´|ノという衝動から感情的に書き連ねてしまいました(´・ω・)

まだただの思いつき段階ですが、高級マンションには一度は住んでみたいです。

「高層階のベランダから地上を流めながら、騒音の届かない安住の地で、悦に浸ってやるわっ!!」 

f:id:nomado67:20170707111541j:plain

プギャーッ

 

・・・お見苦しい記事、失礼しましたm(__)m

皆さまにとって素敵な七夕となりますようにー・・.。.:*☆