さんじょーのブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじょーのブログ

ノマドワーカーの雑多なブログです。

スポンサードリンク

警告!フリーランス(個人事業主)になったら税金についての知識を学ばないと稼げても豊かになれない

本の感想 お金の話、お得情報、裏技 お仕事、経済的自立

個人事業主と税金

個人事業主として働き始めてから、もうすぐ5年になります。

始めの数年は稼ぎが少なく、税金の申告も税務署の職員さんに「年収30万円以下なら申告不要ですよ(´-∀-`)プッ」と軽くあしらわれてしまう程低収入で、税金のことなど全く頭にありませんでした。

税金

しかし、だんだんと稼げるようになり、確定申告をした翌年に、税金の確定額の通知、納付書等が届き、その税率の高さに驚かされることになります。

個人事業主の税金は会社員よりも高い

高額納税者の方から見たら、「その位の税金で文句言うな!(-д-)」と怒られてしまいそうですが、私が驚いたのは税金の納付額ではなく、収入に対する税金の割合です。

個人事業主で稼ぎがまだ少ない内でも、収入の割合から見たら結構な比率を税金として納めなければいけません。

当然ながら、今年沢山稼げたから豪快に使っちゃおう!(´∀`)というパーティーピーポー化すると翌年大変なことになります。

年収900万を超えたあたりから法人化を検討すべし

例えば収入が月20万円だったら、来年支払う税金として5~6万円は事前に抜いておかなくてはいけません。この位なら会社員も厚生年金等で実はかなり引かれているので大差ないような気がしますが、収入が上がるにつれ、税率も容赦なくなるのが個人事業主です。

年収900万を超えると所得税の税率が23%から33%へと変わります。1800万円を超えると40%、しかも消費税も支払わなければいけませんし、事業税(年収290万円以上)も必要です。

よく年収800万円を超えたら税理士に相談、1000万円を超えたら法人化を検討と言われますが、そのような知識を知らなければ沢山稼いでも手元に残るお金はごくわずかになり、生活があまり豊かにならない、という事態に陥りがちです。

個人事業主は月収100万円でも余裕のある暮らしは無理?

フリーの場合、年収600万円稼いでも、保証のなさや、税金等を考慮すると、現実的には年収300万円位の会社員と大差なくなります。

ですので、個人事業主としてカツカツの生活ではなく、ゆとりを持った暮らしがしたいのであれば、月収100万、200万円も視野に入れていかなければならなくなります。

不安定、自己責任という負の要素の裏側に、自由、収入の天井が見えない、という利点が存在します。

これからフリーとして一生やっていきたい、と本気で考えている方は、まずは収入+税金の知識を少しづつ学んでいくことが必須だと感じます。

専門的なことは、沢山稼げるようになってから税理士さんに相談すればいいですが、その前に個人レベルで知っておかなければならない知識も結構あります。

今はわかりやすくて、読みやすい本が沢山出ていますので、仕事の合間に少しづつ読み進めて、フリーランスの税に関する知識、お金に関する知識を吸収していくことをおすすめ致します。

特にわかりやすかったオススメのお金の本2冊

↑基礎から応用編、実際の税務署のガサ入れ体験など、豊富な情報がイラストとともに楽しく書かれています。わかりすいけれど、かなり詳しいのでおすすめ。

↑お金に関するリテラシーが弱いと感じている人向け。お金の運用に関して、ひととりの基礎を学べます。

 

ちなみにフリーで沢山稼いでタワーマンション暮らし♪(人´∀`*)と夢見ている方、夢を現実にするには年収最低700万円以上は必要だそうです。(都内の一等地はもっと高い)

家賃を折半すれば比較的いけそうですが、一人で稼ぐとなるとなかなか頑張らないと、ですねφ( ・`д・´)私も高級タワーマンションに住みたいです!! 

www.nomado67.com 

www.nomado67.com