さんじょーのブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじょーのブログ

ノマドワーカーの雑多なブログです。

スポンサードリンク

コーヒー、嗜好飲料に含まれる糖分を軽減する方法と日焼け止めクリームのリスクについて

美容、ダイエット

ブレンディ、低糖でも甘すぎる

夏になると毎年ブレンディのアイスコーヒーを一日2杯は飲むんですが、普段から飲み物の甘さを極力控えているせいか低糖のブレンディでも甘すぎて飲めません(;´д`)

 低糖よりも控えめっていうカロリーゼロを飲むも、これでも甘いな~と感じて、無糖に市販のシロップを半分入れて飲むようになりました。

糖化

嗜好飲料の糖分は老化、成人病の元?

糖分の多いドリングは何が嫌かって、老けを促進させるから嫌なんです。過去記事でも散々書いてきた老けの4大原因である糖化、です。

 

ブレンディの場合カロリーゼロにはアスパルテームなどダイエット系の甘味料が使われているのでカロリーの心配はなさそうです。

ただ、人口甘味料の催奇性など体によくない、イメージがあり(本当かどうかはわかりませんが)飲むのをやめちゃいました。

 少しのシロップなら大丈夫だろう、と一日1シロップのみと制限して無糖に入れて飲んでます☆

糖化は燃焼できる量なら問題にならない

糖化は燃焼できる範囲の糖質摂取なら大丈夫なので、その分チョコとか甘いものを食べるのを控えてます。ここ最近は糖化よりも、紫外線がヤバイし。。

糖化がどうしても心配な場合の対策

  • コーヒーや紅茶には甘味料を入れない(ストレートで飲む、ミルクはあり)
  • キリシトールやアガベシロップなど糖化の心配が穏やかなタイプの甘味料を使う
  • カロリーゼロの人口甘味料を少しだけ利用する

これらの方法がいいのではないでしょうか。今は(2016年現在は)コーヒーはストレートで飲む時と、ちょこっとだけ人口甘味料のシロップを入れる時があります。どちらにしても、使うのはほんのわずかなので問題ないです。

ガムシロップはカフェなど外出先で使わせて頂きます。糖化よりも虫歯が怖いので(;´д`)

ミルク(フレッシュ)はトランス脂肪酸の塊で健康にも美容にも悪い

アイスコーヒーに入れるフレッシュはトランス脂肪酸の塊なので使わないようにしています(カフェ等では別)。家では牛乳を入れて飲んでいます。油っこくなくて美味しいので甘味料なしでもいい感じです♪

でも一日1、2杯程度ならあまり気にしすぎなくていいかもしれませんね。外出先に牛乳持参は厳しすぎます。家で飲む場合は、フレッシュをやめて、牛乳か濃厚ミルクにしてみるのもオススメです。

日焼け止め効果を発揮するには月に12本の日焼け止めが必要?!

日傘して、ツバ広帽子をしても照り返しで結構焼けちゃうし。この間テレビでやってたけど日焼け止めの効果を発揮させるには、チューブの日焼け止めを約2回で使い切る位塗らなくちゃいけないらしいです。

それって毎日やってたら月に12本以上買わなくちゃいけないってこと・・。

ミネラルファンデーションでUV対策が肌にもお財布にも優しい 

さすがに現実的じゃないですね。厚塗りすると肌にも負担がかかり、油焼けで逆に老けるし。

なので、MMU(ミネラルファンデーション)などの天然紫外線錯乱パウダーをこまめにはたくのが今の所一番効くUV対策だと思います。

www.nomado67.com

実際私は真夏でもMMUのパウダーしか塗らずに出かける時もありますが、今でも目立ったシミはできてません。(以前あわないリップクリーム塗った時は口唇に一気にシミができました)

www.nomado67.com

オイルが沢山含まれた化粧品を真夏にベッタリつけると紫外線と反応してシミになることがあるのでやはり夏は最低限の保湿をしたら、パウダー系のお化粧をメインにしたほうがいいと思います。(下地にUVクリームはあり)

 せっせと厚塗りしてシミできちゃったら最悪ですからね(^^;)

www.nomado67.com