さんじょーのブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじょーのブログ

ノマドワーカーの雑多なブログです。

スポンサードリンク

WEBライターのお仕事はどこで見つければいいのか?お仕事の始め方

フリーライター、在宅ワーク お仕事、経済的自立

WEBライターのお仕事はどうやって探す?

検索エンジンで、WEBライター募集、在宅ライター募集というキーワードを入れて検索をかけると、確認しきれない位多くの募集が臨時行われていることがわかると思います。

ライター

 一般的にWEBライターのお仕事は、ライターを募集している企業が自社のホームページより直接WEB上に求人内容を載せている場合と、ライター仲介サイト上にて募集される場合の二つの求人タイプがあります。

ハローワークでも募集していることはありますが、求人数自体はインターネット上のほうがはるかに沢山あります。

ただ、中には、契約内容や仕事内容に不審な点がある、など怪しい求人も紛れていることがあります。このことがWEBライター、在宅ライターのお仕事をしたいけど、詐欺に遭いそうで心配・・と心理的な壁をさらに厚くしてしまっている原因だと感じます。

WEBライターは個人契約。契約先の企業(個人)選びは慎重に

WEBライターはブログライターと違い、個人から企業までさまざまな形態で求人を出しているため依頼主が信頼できる企業か、または個人の依頼主の場合もキチンと原稿料を支払ってくれるちゃんとした人なのか?ということは疑り深い位慎重に見極める必要があるかと思います。

そして何度か依頼を受け、信頼できる相手(会社)だと感じたら、継続して依頼を受けるようにすると安定して収入を得ることができます。

企業が募集している求人案件は競争率が高い場合が多い

また企業が直接募集しているライター求人は、競争率が高かったり、ある程度のスキル、経験が求められたり、面接が必須だったり・・と条件が若干厳しくなることも多いです。

副業として、空いた時間に仕事を請けたい、という方はインターネット上でほぼ契約から納品、振込みまでが完了する案件に絞ったほうがいいでしょう。実際そのような依頼は沢山あります。

ライター仲介サイトが便利

その際、直接個人や企業の求人サイトに申し込みをするのではなく、ライター仲介サイトにて、いい案件がないかどうかチェックしておくといいでしょう。

ライター仲介サイトではライターを募集している個人や企業からの求人内容が一覧で確認でき、気になった案件にサイト上から申し込むことができます。

これまでご紹介した、さまざまなタイプのWEBライターの案件が常時募集されていますので、これなら書けそうだな、と思える求人を選びコンタクトをとることができます。

WEBライター仲介サイトとして特に有名なサイト

○WEBライター・ジェイピー 公式サイトURL http://www.web-writer.jp/
○フリーライターの案件地帯 公式サイトURL http://www.anken-chitai.biz/
○SOHOじんざい市場 公式サイトURL http://s.j-ichiba.jp/
○@SOHO(公式サイトURL http://www.atsoho.com/


各サイトによって、利用方法や、応募方法など決まりがありますので、まずはどの仲介サイトが利用しやすいか、惹かれる求人があるかなどチェックしてみるといいかと思います。

基本的なライターのお仕事、作業の流れ

  1. ライター仲介サイトに会員登録(無料)する。
  2. ライターを募集している依頼主のお仕事内容、報酬単価などをチェックし、気になる求人にサイト上の応募フォームから申し込みをする。


後日、応募先の企業(または個人)から、合否の連絡、トライアル記事提出の要請がきます。

トライアル記事とは?

トライアル記事とは、ライターの書く文章の質を選考するために行われるテスト記事です。

本採用となった場合、そのトライアル記事の分の報酬も支払われることが多いようです。また中には、トライアル記事なしで、いきなり採用(または不採用)されることもあります。

後は、依頼主ごとに記事作成の要請は異なりますので、相手方と話し合いながら作業を進めていきます。連絡はメールのみで簡潔する場合が多いので、メールを返信しやすい時間帯や、連絡がつきにくい時間帯などあらかじめ相手に伝えておくとスムーズです。

契約後は依頼主と直接やりとりを進めていくことが基本

WEBライター仲介サイトを利用した場合でも、契約が決まった後は依頼主と直接やり取りをしながら仕事を進めていく流れとなります。

また、ライター仲介サイトは基本的に、求人を掲載し、依頼主とライターが出会う場を提供しているだけですので、依頼先とトラブルになった場合ライターサイトは責任を持てません。

そのため、ブログライターよりも慎重に、じっくりと検討してから申し込むといいでしょう。

www.nomado67.com