さんじょーのブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじょーのブログ

ノマドワーカーの雑多なブログです。

スポンサードリンク

超簡単!私のオススメの美白スペシャル対策まとめ【敏感肌向け】

美容、ダイエット

私は毎年夏の終わり頃に、今年の日焼けダメージからお肌を回復させるために、美白スペシャル対策をします。

今年はあまり焼けていませんが、紫外線によるシミやそばかすは後から徐々に肌表面に上がってきますので、シミやダメージの症状がない内でもしっかりとケアをします。

私の美白スペシャル対策(ピーリングは除く)

毎年私が実践している美肌、シミ対策ケアをご紹介させて頂きます。私は敏感肌なので、肌に刺激の強いケアは避けています。できる限り肌に負担をかけずに、しっかりとケアできる方法のみ取り入れています。

現在シミ等はまだできていませんので、このままこれらのケアを続けていこうと思っています。(ちなみに書いていませんが、夏の終わりに一度だけ美容クリニックでエレクトロポーションも受けます)

美白

ビタミンC誘導体のイオン導入

美顔器による導入は、スキンケア化粧品をただ塗布した場合に比べて、肌への浸透率が約20倍高まるとされています。

www.nomado67.com

ビタミンC誘導体は肌へなじみやすい形に改良されていますので、ただ塗るだけでもシミ対策にいいのですが、美顔器で導入すればさらに肌の奥へと届き、メラニンの抑制&シミの追い出しをサポートしてくれます。

美容クリニックでも一回2000~位から受けられますが、自宅で気軽にケアしたい人はホーム用美顔器を一台持っておくと便利です。

美顔器により、かかる時間や機能が違いますので、目的や好みに合わせて選択してみるのがいいと思います。

短時間で済ませたい人向け:ブロードイオン

15秒でビタミンCのイオン導入が完了する。美顔器の中では最短。忙しい人向け。

 

豊富な機能で、超音波導入なども取り入れたい人向け:ツインエレナイザー

イオン導入+超音波など、機能性が豊富。(超音波を使用すると浸透率がさらに上がる)時間も10分程度なので、そこそこ忙しい人でも大丈夫。

ちなみにメーカー推奨ではありませんが(自己責任で)、ビタミンC粉末を精製水で溶かし、コットンに含ませて導入すればビタミンC原液を購入するコストが大幅に浮きます(´∀`)←セコ情報

ピーリング

肌の表面の皮膚を薄く剥ぐことで、新しい皮膚への生まれ変わりを促進します。

シミが表皮でくすぶっている間は垢となってはがれ落ちれば定着しません。しかし代謝が落ちてくると、皮膚の生まれ変わりのスピードが落ち、なかなか剥がれ落ちずにシミを真皮まで落としてしまい、消せないシミに変わってしまいます。

シミ

定期的なピーリングは美肌対策に非常にいいです。しかし、敏感肌の人は、刺激が強すぎる場合がありますので、慎重に検討したほうがいいと感じます。私の場合は、ピーリングで肌が赤くなり、湿疹が出てきたので、今はやっていません。皮膚の厚い、普通肌~強い肌の人向けのケア。

美白美容液、クリーム

私の場合は濃度の濃い、スポット系の美白アイテムをくすみの気になる部分に使用します。(目の周囲、口の周囲、頬の高い部分)

以前テレビで雑技団のおサルさんが美白クリームを顔に塗られているのを観ました。「これを塗るとサルが日焼けしても、顔が白くなるんでね~(´∀`)」と座長が言っているのを観て自分も塗ってみようと思いました(笑)

メラニン抑制&排出を促すという目的はどの美白アイテムも変わりません。

私は普段はシンプルスキンケアを実践しているので、乾燥が気になる部分のみスポット系の美白アイテムで保湿しながら、くすみ対策もしています。

www.nomado67.com

美白化粧品は一年中使うべき?

美白系のアイテムは本来夏や春の紫外線の気になる時期だけではなく、1年中使したほうがいいそうです。(紫外線は1年中降り注いでいるし、メラニンが大量発生する原因は紫外線だけではないので)

スポット系の美白アイテムは、濃度が濃く値段が高い傾向があります。目の周囲などくすみが気になる部分のみ使用するのであれば、1年中気軽に使用できるスポットタイプのほうがおすすめです。

反対に顔全体にまんべんなく使用したい場合は、スポットタイプよりも、全体に使うタイプのほうが安価ですし、伸びもよく使いやすいです。ただ冬場など乾燥対策用に他のスキンケアアイテムに切り替えたい時は不便かもしれません。(私ならスポットタイプを気になる部分のみに塗り続けます)

美白化粧品は乾燥しやすい

美白系のアイテムの中でも化粧水は乾燥しやすいので敏感肌の人は注意して欲しいです。私も以前美白系の化粧水のみ使用していた時、肌がガサガサに乾燥してしまいました(肌の色味は薄くなりましたが)

美白に特化したアイテムは乾燥ケアも同時にしてくれる乳液かクリーム、ジェルなどの半固形のものを選んだほうが安心です。ビタミンC誘導体もめちゃくちゃ乾燥しますよね(;´д`)美顔器で導入した直後はすぐに保湿します。

老人性色素斑は要注意

ちなみにシミの中でも一番多い、老人性色素斑は初期のごく薄い段階ならスキンケア(スペシャルケア)で薄くすることも可能ですが、濃く定着してしまうとスンケアレベルでは消せなくなります。その場合は、美容クリニックなどのレーザーを使用し、治療する必要があります。

www.nomado67.com

シミができやすい肌質は?

私も実は地黒で、夏はちょっと歩くだけで、「バカンス行ってた?」と言われる程こんがりしてしまいます。黒くても、まんべんなく焼ければいいのですが、一部にメラニンが集中し、シミになることは避けたいです。

色白の人はシミができやすいそうです。逆に地黒の人はシミはできにくいけれど、炎症がひどくなると定着してしまうので、やはり対策は必要ですね。

 まとめ

どちらにせよ、できてしまってからのケアは大変で手間もお金もかかるので、シミができる前にしっかりとメラニン抑制&代謝UPでシミを定着させない(垢となってはがれ落ちさせる)スペシャルケアを取り入れることは美肌対策として非常に有効だと感じます。