さんじょーのブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじょーのブログ

ノマドワーカーの雑多なブログです。

スポンサードリンク

WEBライターを始める方法【具体的なお仕事内容と感想】

フリーライター、在宅ワーク

WEBライターのお仕事の内容

  • 化粧品などの口コミや説明の記事を200文字~400文字で15記事作成。15記事につき、1500円(1記事100円)です。

単価は低いですが、ブログライターよりは若干マシといった感じです。

始めの頃は単価のこともよくわからず、経験もないためにとにかくまずは依頼を引き受け、仕事をこなしてみる、ということに注力しました。

WEBライターの依頼は依頼主の希望に沿うように進めていきますので、記事執筆以外に、エクセルでタイトルをまとめたり、ファイルをまとめたり・・とやるべきことや注意点も多いです。

ブログライターサイトのようにサイトが用意したフォームに文字をつめてワンクリックで送信、というわけにはいかない分、手間がかかります。

低すぎる単価で注文の多い依頼主とは契約しない

単価が安いからといって簡単な依頼とは限りません。むしろあまりにも安い単価を提示している場合、常識に欠けた依頼主である可能性も高く、記事執筆後の注文がやたらと多いこともあります。

初回は経験のため、多少安い単価でもやってみる価値はありますが、慣れてきたら最適でも1文字0.7円以上を基準に選びましょう。

依頼主の見極めは慎重に

中にはトライアル記事のみ書かせて、全員落とし、タダで記事を手に入れる、というような悪質な募集主もいるので注意が必要です。

契約は書面にて郵送で交わすケースが多いです。住所等個人情報を提示することになります。依頼主の見極めは慎重に行ったほうがいいでしょう。

できれば個人からの依頼は避け、企業からの依頼を優先するのがオススメです。

 

その後、初回の依頼主とは金銭面と条件の折り合いがつかず、再度継続依頼を頂きましたがお断りしました。

ただ、2回目に契約したWEBライターの依頼主(個人ではなく会社でした)のお仕事は、単価が高く、また対応も信頼できるもので、お仕事を何度もさせて頂きました。

そのお仕事の場合、1500文字で800円~1600円の報酬です。依頼を何回も受ける内にランクが上がり、報酬も高くなっていく、というシステムでした。

ブログライターよりも条件や文章に対するチェックが厳しいですが、依頼数も多くキチンとこなしてゆけば月に10万円前後は稼げると思います。

ブログライターとWEBライターどっちが稼げる??

ところで、タイトルにも書きましたが、ブログライターと通常のwebライター、どちらも在宅でできる仕事ですが、

「ぶっちゃけどっちのほうが儲かるのか?」と気になったことはありませんか?

結論から言うと、Webライターのほうが稼げます。

雑誌など紙媒体のライターさんはwebライターよりもさらに単価が高めです。多くの場合、ケタが違います。一般的にインターネットのみのお仕事となると単価が下がってしまいます。

それでも専門的な分野の記事を書けるライターさんの報酬は高いですし、それ程専門的ではなくても、納期をキチンと守れ、どんなお題でも柔軟に対応できるライターさんにはお仕事がコンスタントにくるようです。

ブログライターとWEBライターの単価の比較

ブログライターの400文字あたりの単価は平均80~100円位**が多いのに対し、webライターの場合、200~800円位が多いようです。

しかしその分調べなければ書けない記事など手間のかかかる依頼もありますので、大変だと思います。

月に10万以上稼いでいる在宅ライターさんのほとんどはwebライター(雑誌は原稿料のケタが違いますが、常に依頼があるわけではなく、併用してこなしているライターさんが多いです)ばかりです。

「じゃぁブログライターなんてやってらんないわっ(‐公‐)」

と腐る気持ちが湧き上がってきそうですが、ブログライターをやるメリットは十分あると思っています。

ブログライターをやるメリット

それはwebライターの仕事を貰う際になんのスキルがなくても、今までにブログライターで、月この位投稿し続けていました、とアピールできる点とライタースキルのトレーニングです。

ライターに依頼する会社が一番重視していることはキチンと納期を守れて、継続できる人か?ということですので、これは大きな強みになると思います。 

www.nomado67.com

ですのでブログライターをしつつ、徐々にwebライターのお仕事も貰えるようになれると収入もUPするのではないでしょうか。

ただし怪しい会社もあるので、詐欺まがいの会社には要注意です。

www.nomado67.com